みなさん  こんにちは

今回は、先週上海にて行われた世界選手権HSBCチャンピオンズにて優勝した「松山英樹」選手についてお伝えします。

世界選手権Vは日本人初

2日目からの首位をキープし、3打差で臨んだ最終ラウンド。

世界ランク上位の選手を寄せ付けず最終日も6バーディー・ノーボギーで回り6アンダー。

通算23アンダーでの優勝、2位に「7打差をつける圧勝」で、世界選手権制覇は日本人初

 

これで米ツアー「通算3勝目」、日本人最多の「丸山茂樹」選手に並びました。

しかも2日目後半からの45ホールボギーなしはまさに圧巻!!

安定した強さの証です。

 

ゴルフ世界選手権(WGC)

ここで、今回松山選手が優勝した世界選手権の概要を説明します。

1999年度から行われているゴルフの国際トーナメントで、

世界の4大メジャー大会(マスターズ、全英オープン等)に次ぐ規模の大会です。

世界ランク上位者・世界各地のツアーで活躍するトッププロが参加しており、毎年4つの大会(下記)が開催されています。

 

  • WGCキャデラック選手権
  • WGCデル・マッチプレー
  • WGCブリヂストン招待選手権
  • WGCーHSBCチャンピオンズ

この優勝はもの凄い「インパクト」であると改めて感じますね(ビックリ)

メジャー制覇に向けての布石

 

「ヘンリク・ステンソン」、「ダスティン・ジョンソン」、「ローリー・マキロイ」これらメジャー王者をしのいでの圧倒的な独走V。

いつメジャーを勝ってもおかしくないと周囲から認められている「松山選手」、、、

それだけに今回の優勝は、「大きな手応え」を掴んだと思います。

来年のメジャー大会が楽しみです。

 

では、次回もお楽しみに

 

LINEで送る
Pocket