みなさん  こんにちは(^^)

今回は、「世界ランキング」についてお伝えします。

マスターズ出場は世界ランク50位以内

いよいよ今週末から、「マスターズ」🏆が始まります。このマスターズの出場条件で、「世界ランキング50位以内」👑というのがあります。日本の谷原秀人選手も、つい最近50位以内に入りマスターズ出場を決めました。では、この世界ランキング🔢がどのようにして決められているかご存知ですか?

※動画は、谷原秀人選手が4位に輝いた「デル・マッチプレー選手権」の模様です。

2017年4月3日付の世界ランキングは、ダスティン・ジョンソン選手が12.92ポイントで1位、ローリー・マキロイ選手が8.83ポイントで2位、ジェイソン・デイ選手が8.65ポイントで3位となっています👀

このポイントが何を意味しているのかというと、その選手が出場した過去2年間のトーナメントで得た累積ポイントを出場試合数で割ったもの✨です。簡単に言うと、2年間で獲得した平均ポイント☝ですね。

ポイントが高いのが米ツアー

トーナメントは世界各地で行われていますが、このトーナメントの格付けと順位に応じてポイントが決まっています 😛 マスターズや全米プロなどの4大メジャー大会に優勝すると100ポイント、2位は60ポイント、3位だと40ポイント獲得できます👑通常のアメリカPGAツアーの試合は、優勝すると50~70ポイントになります🏆日本のツアーでは、日本オープンとダンロップフェニックスの優勝ポイントが32ポイントと高いですが、その他通常のツアーでは、16ポイントとなっています🌠

 累積ポイントの算出方法ですが、直近の13週のトーナメントで得たポイントはそのまま加算され、14週前のトーナメントからは、毎週1/92ずつポイントが減っていきます。過去2年間に獲得したこれらの累積ポイントを、出場試合数で割っていきます。出場試合数が特に少ない、40試合以下の場合は40で割り、逆に多い、52試合以上の場合は52で割ったものが、各選手のポイントになり、これに順位をつけているのです☝
数字の嫌いな人ごめんなさいm(_ _)m

日本人の世界ランキングは?

日本人選手の世界ランキングはどうなっているのでしょうか?まず、松山英樹選手が8.08ポイントで4位にランキングさせているのを筆頭に、池田勇太選手が42位で2.71ポイント、谷原秀人選手が48位で2.54ポイント、石川遼選手は118位で1.28ポイントとなっています 😆
男子の世界ランキングは1986年に始まりましたが、女子は20年遅れの2006年から始まっております 🙂 2017年4月3日付の女子世界ランキングは、1位がリディア・コー選手、2位はユ・ソヨン選手、3位はアリア・ジュタヌガン選手となっており、日本人最高位は、22位の野村敏京選手となっています。ちなみに過去には、宮里藍選手が2010年から9週連続で世界ランキング1位ということもありました :mrgreen:
この世界ランキング🔢は、試合の難度・選手の実力やどんな国・ツアーで公平に順位がつきますので、本当の実力が出るランキングですね 😆
以上、世界ランキングでした。
では、(^_^)/~
LINEで送る
Pocket