みなさん  こんにちは(^^)

ゴルフ場には運営スタイルで2種類、「メンバーシップ」「パブリック」とがあります。

今回は、その違いをお伝えします。

メンバーシップゴルフ場(会員制)

日本のゴルフ場⛳の大半約9割を占めるのが、「会員制」となっているメンバーシップゴルフ場です☝

会員権を発行🎫してゴルフ場を設立する資金を集めたり、またゴルフ場を設立した🏢経営者が、会員権を売ってメンバーを集めたりします。メンバーによって、一部経営が成り立っているということです👀

会員権を購入した方は、そのゴルフ場のメンバーとなり、非会員(ビジター)よりも安値💴でラウンドができるようになったり、ゴルフ場主催のメンバー大会に出場ができるなどの特典🉐があります。

歴史の古いゴルフ場やプロのツアーなど正式競技が開催されるゴルフ場は、「完全会員制」となっており、非会員(ビジター)がプレーするには、「会員の同伴」または「会員の紹介」が必要となります。

しかし、ゴルフ人口の減少⤵により、現在は多くのメンバーシップゴルフ場では、ビジターでも電話やネットで予約し、気軽にプレー🎶できるようになっています。

また「完全会員制」のゴルフ場は、場内での厳しい🚫ドレスコード(服装)やエチケットがあり、これによって名門コース独特のマナーや品格✨が保たれています。

会員権を所有しているゴルファーの人口は、全体の約2割ほどです。

パブリックゴルフ場

メンバー(会員)ビジター(非会員)の区別がなく、誰でも同じ条件🆗で平等にプレーすることができます☝

ゴルファーのプレー代で運営🏫されており、公営で運営していることろがほとんどで、民営のところは少ないです。

パブリックゴルフ場は、「日本パブリックゴルフ協会ホームページ」で、加盟しているコースを一覧することができます👀

メンバーシップゴルフ場での競技会は、そのゴルフ場の会員権をもっていなければ参加できない🆖が、パブリックゴルフ場は競技会も比較的オープンで、誰もが参加可能🆗になっています。協会ホームページの「競技案内」で見ることができます。

ドレスコードなどもメンバーシップゴルフ場よりも緩く、ポロシャツの裾出し、半ズボンにショートソックスなどラフな格好☺でプレーができます。
※マナーやエチケットには緩いが、「スロープレイやバンカー使用後に砂をならさない等」の他人に迷惑をかける⚠行為は、ご遠慮下さいm(_ _)m

また、景気低迷によるゴルフ人口減少のために、メンバーシップからパブリックに転換した🔃ゴルフ場もあります。

以上がメンバーシップとパブリックの違いです。

では、また(^_^)/~

LINEで送る
Pocket