みなさん  こんにちは(^^)

今回は、「ここが日本一🎌」のゴルフ場をお伝えします。

1.日本で一番「長い」☝8143ヤード  :ザ・ロイヤルゴルフクラブ

茨城県鉾田市にある「ザ・ロイヤルオーシャン」は、コース距離は、フルバックで「7860ヤード」「日本一長い」⛳ゴルフ場でした。

これを昨年(平成28年)1月にクローズして全面改修工事を行い、「ザ・ロイヤルゴルフクラブ」として、今週末(平成29年3月25日)グランドオープン👑します。

コース全長はさらに長くなり「8143ヤード」(フルバック)で、ロングホール(パー5)でも705ヤード、ショートホール(パー3)でも287ヤードとまさに「世界基準」!!

世界に通用する選手を育てるコースとして、350ヤードの天然芝打席の練習場や、その周辺に完備されたランニングロード、1500平米の広大な練習グリーンなど、アスリートを育てるには最高の環境だそうです。

また、プロにとってはモンスターコースでしょうし、一般ゴルファーでもレギュラーティーで、7200ヤードを超えますのでタフなコースだと思います。

2.日本で一番「高い」☝4500万円  :小金井カントリー倶楽部

バブル期は、数千万円があたり前だった会員権でしたが、最近は相場はかなり下がり、平均で100万円以下程度だそうです。中にはこの会員権が10万円以下のゴルフ場もあります。

ゴルフ場のメンバーになると、プレー代が安くなるなどのメリットがありますが、最近はビジター料金が下がり、「メンバーであることのメリットを感じなくなった」という声も耳にします。

しかしその一方で、会員権が数千万円する日本一高額💴なゴルフ場が、東京都小平市にある「小金井カントリー倶楽部」です。会員権相場は4500万円、名義変更料だけでも1500万円だそうです。

昭和12年開場した超名門コースで、政界・財界の方々が利用されるそうです。35歳以上の男性のみで女性は不可などの入会条件も厳しいそうです。ちなみにバブル期の会員権の相場は5億5000万✨だったそうです。

3.日本で一番「古い」☝ 日本ゴルフ発祥の地  :神戸ゴルフ倶楽部

1903年にイギリス人A・H・グルームが兵庫県の六甲山上に9ホールを設立、翌1904年に日本で初の18ホールとなりました。当初は、3576ヤードでパー78だったそうです。2003年に100周年を迎えました。

日本一古い🏯ゴルフ場、「神戸ゴルフ倶楽部」です。

 

六甲山上にある丘陵コースで、自然の地形に手を加えた庭園のような美しさがあります。クラブハウスは歴史を感じさせ、フェアウェイやグリーンなどコースは綺麗にメンテナンスされています。

ロングホールはなくショートホールがほとんどだが、グリーンが小さくショートゲームが上手でないと難しいコースになります。中嶋常幸プロでもアンダーパーで回ったことがないそうです。

4.日本で一番「多い」☝ 18ホールで143個  :ザ・カントリークラブ

滋賀県甲賀市にあるリゾートトラストが運営する名門ゴルフ場、「ザ・カントリークラブ」です。

「ザ・バンカー」と呼ばれるほど日本一バンカーが多く🌀、その数143個!!しかもバンカーの砂は白くてサラサラで、アゴも高いのでかなりのプレッシャーになります。バンカーの苦手な人は厳しいコースですね(^_^;)

また、バンカーだけでなくラフも深く、グリーンもアンジュレーションがあるので戦略性の高いコースだそうです。

5.日本で一番「難しい」☝ コースレート77.4  :ゴールデンバレーゴルフ倶楽部

ゴルフ場の難しさを表す「コースレート」、これはハンディキャップ0の人が10回プレーした場合の平均スコアを示すものです。

兵庫県西脇市にある「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」は、そのコースレートが77.4もある日本一難しい🌁コースです。

山あいの閑静なたたずまいにある丘陵コースで、「ゴールデンバレー」という名の通り、秋の紅葉の時期には非常に美しい景観のゴルフ場です。クリークと池が18ホールで15ホールもあり、最終18番ホールでは、1打・2打目連続して池越えのロングホールがあります。

また、2014年に日本男子ツアー「日本プロゴルフ選手権大会 日進カップヌードル杯」が開催されました。

いかかでしたか、日本には約2400のゴルフ場がありますが、他にもいろいろな日本一あると思います 😛

では(^_^)/~

 

 
LINEで送る
Pocket