みなさん  こんにちは(^^)
今回は、「コースレート」についてお伝えしていきます👌

この記事は、約4分で読み終えることができます🎶

コースレートって何!?

「コーススレート」とは、英語で『couse rate』と書いて、ゴルフ場の難しさを数字で表しています🔢(コースレーティングとも言われます)

ゴルフ場のスタート室やスコアカードなどに、「73.2」「68.4」などとコーススレートの表示を見たことがあると思います👀

数字が高いと難しい!?

この数字が高いほど、そこのゴルフ場は難しく💦💦反対に低いとそれほど難しくないということになります😄
ただしこの数字は、コースの品質などグレードの良し悪しを表しているわけではなく、格付け基準ではないということです☝

DSC_0331

ハンディキャップ査定のための基準値

さらに具体的に言うと、「スクラッチプレーヤー(ハンデ0のゴルファー)が、そのコースで10回プレーをした時の平均スコア」になります☝
プロゴルファーのスコアではなく、「一般アマテュアゴルファーのハンディキャップ査定のための基準値」として使われています🔎

この数字は、日本ゴルフ協会が、全国のゴルフ場に対して、同じ計算方法で算出しています📈

日本のゴルフ場のコースレートは!?

日本のゴルフ場のコースレートの平均は、約70.5となっております👀
日本のゴルフ場は、パー72に設定されているところが多いので、少し難しくないゴルフ場が多いということですね😄

DSC_0338

日本一のコースレートが高いゴルフ場は!?

日本一コースレートが高いゴルフ場は、兵庫県にある「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」で、コースレートは77.4です。
ちなみに関東のゴルフ場でコースレートが高いベスト3は、下記となっています。

  1. 鹿島の杜カントリー倶楽部(茨城県) :76.4
  2. 宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県):76.0
  3. 富士桜カントリー倶楽部(山梨県)  :75.6

コースレートとスロープレートの違い

このようにコースレートが75を超えるゴルフ場では、スクラッチプレーヤーのスコアは、75くらいが目安となります✨

しかしこのようなゴルフ場では、「バンカーが多い」「フェアウェイだけど平らな所がない」などとにかく難しいので、ハンデ20のプレーヤーが93前後と単純に判断できなくなります😅
コースレートと言ってもハンデ0のスクラッチプレーヤーが基準となっているので、一般的ではないのです。

スロープレートはアベレージゴルファー基準

ここで、ハンディキャップ20前後のアベレージゴルファー向けに、コースの難しさを数字で表したのが、「スロープレート」となっています☝(スロープレーティングとも言われます)
「スロープレート」は、英語で『slope rate』と書き、最小55から最大155までの数字で表され、平均的なコースのスロープレートは113となります👌

113より低いゴルフ場は易しく高い場合は難しいということになります☺

DSC_0363

 今までのコースレートでは、ハンデ0のスクラッチプレーヤーを基準としてましたが、スロープレートは、初心者🔰から上級者まで幅広い層に対応しているので、ゴルファーの器量に応じてレートを傾斜『slope』させていることで、スロープレートと呼ばれています👀

 易しい→ハンデ少、難しい→ハンデ多

また、スロープレートは、易しいコースではハンディキャップが少なく難しいコースではハンディキャップが多くなります💡
またコースレートよりも、OBや池、バンカーなどの数が多いとスロープレートは高くなりやすく、難しさがハッキリと数字に出るようになっています👍

アメリカでは1980年代に導入し、日本では2014年に本格導入しています🆕

ゴルフ人気が低迷しているので、様々な工夫がされていますね🆗

では、(^_^)/~
LINEで送る
Pocket