みなさん  こんにちは

今回は、「ゴルフカートについて」お伝えしていきます。

この記事は、約4分で読み終えることができます。

ゴルフは、1ラウンド約7キロ移動します。

ゴルフは、1ラウンドの移動距離は、18ホールに加えてホール間とクラブハウスとコースの距離などで約7キロあります。

歩くだけなら何とかなりますが、クラブを10数本入れたキャディバッグも運ぶので、担いで回るのは相当厳しいです。

ちなみにキャディバッグの重さは、約10~12キロになります。(男性ものでボールなど全て含めた場合)

ゴルフカートとは!?

ゴルフカートは、この重いキャディバッグを運ぶ為に使われるようになりました。

カートは、人が乗るタイプ「乗用式」と、キャディバッグだけを乗せる「手引き式」に分かれます。

現在、ほとんどのゴルフ場が乗用式のカートを使用しており、

手引き式は名門のコースや河川敷、リゾートコースなどでしか使われていません。

DSC_0028

カートの種類

さらに乗用式のカートは、自分で運転する「マニュアル式」とリモコンやボタン操作の「電磁誘導式」があります。

それでは、手引きを含めた3種類のカートをそれぞれ説明していきましょう。

1.手引きカート

手引きカートは、キャディバッグはカートに乗せて、歩きながら手で引くタイプのカートになります。

手引きカートを使用しているゴルフ場は、カート専用道路がない名門のコースや海外のゴルフ場が多いです。

また、アップダウンが多い山岳コースではほとんどなく、平坦な河川敷やリゾートコースで使用されてます。

ボールまで移動できる手引きカート

すべて歩くので体力が必要!?

手引きカートのメリットは、ボールのそばまでカートを移動できることです。

クラブを交換するのに、カートまで取りに戻ることがないのは非常に良いことですね。

デメリットは、やはり歩いて移動するので、体力のない年配の方や女性の方は、大変辛いと思います。

2. マニュアル式乗用カート

ほとんどのゴルフ場が使用しているカートです。

自分で運転するタイプで、4,5人乗りタイプが主流です。(1人乗りから6人乗りまであります)

忘れ物をしたときなどに便利!?

マニュアル式カートのメリットは、全て歩く手引きカートよりは疲れないことでしょう。

また、前のホールなどで忘れ物をした時は、後進(バック)ができるので便利ですね。

マニュアル式乗用カート

デメリットは、移動するのにカートまで戻らなくてはいけないことですね。

夏場のフェアウェイ乗り入れ可能の時は、ありがたいのですが。。。

3.電磁誘導式乗用カート

リモコンまたはカートに付いているボタン操作で、運転・停止をするカートです。

コース内に専用の道路(ルート)があり、速度も遅めで安全運転をします。

進め忘れに注意!?

メリットは、カートをリモコン操作できるので、移動するのにカートに戻る必要がないことです。

しかし、忘れ物をした時は、マニュアル式と違って後進(バック)することができません。

リモコン操作の電磁誘導式カート

また、カートを進め忘れることもあり、慣れていないとスロープレーにつながってしまいます。

カート運転時の注意

ゴルフカートは、マニュアル式で時速20キロ程なので、それほど速くはありません。

しかし、飲酒運転による障害事故や急カーブでの死亡事故も、過去に発生しております。

急カーブや雨天時の運転に注意する、または普通免許取得者が運転すること、飲酒運転を絶対にしないことが大事です。

スマートフォンを操作しながらの運転も絶対にしないようにしましょう。

なぜ左ハンドルなの!?

カートはドアがなく右からでも左からでも乗れるので、左ハンドルに気づかない方多いと思います。

ゴルフカートのほとんどが左ハンドルです。

その理由は、アメリカで開発・輸入されたカートを使用したまま、左ハンドルに慣れたからのようです。

また、操作性の理由でも、左ハンドルの方が良いということらしいです。

現在、国内生産のカートも左ハンドルのまま生産しているそうです。

インスタ映えするカートも!?

その他、ガソリン式・電動式、立ち乗り式やセグウェイタイプのカートもありますが、

インスタ映えするようなハローキティがデザインされたカートもあります。※参考までに【アコーディア・ゴルフ公式ページ

女性やお子さん同伴などのために

また、家族連れやお子さん同伴には、西日本を中心にくまモンカートもあります。

※参考までにチェリーゴルフクラブ天草コース 公式ページ】

ただプレーするだけでなく、キャラクター物のカートに乗って記念撮影するのも良いですね。

 

最後まで読んでいただき、有難うございました。

LINEで送る
Pocket