みなさん 🙂   こんにちは

今回は「100点のショットは必要ない!!」ということで、スコアメイクに必要なゴルフの考え方(思考)をお伝えします。

※第1弾はこちらから、「引き算思考のススメ」

「100点のショット、、、でも結果は?」

100点のショットは気持ちいいですよね(^o^)(注:スコアが100ではありません)

朝一のティーショット、会心の250ヤード超えフェアウェイど真ん中🌠、これ以上ない結果です(^^)

しかし、次の1打でまた100点を打とうとして、「大ダフリ、、、点数にすると5点」(^_^;)

このような経験をられた方、結構いるんではないでしょうか。せっかく100点を取ったのに直後に5点、これではスコアになりません 🙁

100点のショットを打ったとしても、突き抜けてOBになってしまえば、結果ミス(100点ではない)になります  😥

逆に、アプローチでトップ(20点くらいのショット)して、勢いよく転がってしまったのにチップインバーディ(100点の結果)という時もあります 😯

理想は、👑完璧(100点)なショットで最高(100点)の結果👑でしょう。(ドライバーでフェアウェイど真ん中、そこからのベタピンOKバーディという風に)

でも「100点のショットを4回打ってもパー」、「70点のショットを4回打ってもパー」スコアでは同じです。

100点のショットは狙って打つものではない

ゴルフは、18ホールを通して「できるだけ少ないスコア」を出すゲームです。「ミスするスポーツ」とも言いますね。

毎回、同じ場所にボールがあるわけではありません(^_^;)フェアウェイでも「平らな時・斜面の時」、同じラフでも「順目・逆目」、バンカーなら「砂が硬い・やわらかい」といった具合です💦

また、見る景色も毎回変わる、風も常に一定ではない、持つクラブも毎回変わる、、、これだけでも100点は無理です(^_^;)ボールを打つだけでも、「ミスして当たり前」とか、「結果オーライ」の場合もたくさんあると思います(汗)

ですから、18ホールで何十回打っても100点のショットはなかなかありません。18ホールで1回もない時だってあります。

にもかかわらず、特に初心者やなかなかスコアの伸びない人は、100点のショットを狙ってしまいますギャンブルショットですよね(^_^;)

難しい状況でギャンブルショットを打ち、うまくいった時は最高だと思います。(^o^)やめらませ~ん(*_*)

100点のショット、ナイスショットとか今日イチは結果として出るもの」狙うものではないのです!!

状況別100点のショット、50点以下のショット

  1. 左足下がりのフェアウェイ(^_^;)
    100点 :クリーンヒットして真っ直ぐ正確にグリーンをとらえる
    50点以下:不安定な斜面なのに、フルスイングして大ダフリ。ボールの位置が悪くシャンクして池ポチャ。
    アドレスの向きが悪くOB。ボールを上げようとして引っかけてバンカー。
  2. 林の中からのセカンドショット(T_T)
    100点 :木の間20センチ以下のすき間を通してグリーンにナイスオン(狙って出来るのはプロですね)
    50点以下:グリーンを狙ったがアドレスの向きが悪く、木に当たりさらに奥の林へ。
    この状況を練習したこともないのに、力んでダフリ、木の根元へ。
  3. アゴが高いフェアウェイバンカー(残り150ヤード)(*_*)
    100点 :7番アイアンでアゴを越えて、ピンのそばへナイスオン
    50点以下:グリーンを狙うことしか考えておらず、アゴに当たりまたバンカー。
    アゴを越えようとして、ダフってしまいまたバンカー。

100点を狙うのではなく50点以下を減らしていく

みなさん、だんだん分かってきましたか??上の状況別で50点以下のことを減らしていけば、スコアはアップ📈していきます 😛

ちなみに上の状況で🌟50点以上はどんなものなのか?」💫「50点以下を減らすにはどうすればいいのか?」✨説明していきます。

  1. 左足下がりのフェアウェイ(^o^)
    トップでOKと考える、ゴロ・ライナーでもいいからとにかく前にすすめる。
    不安定な斜面なので、残りの距離があっても小さいスイングで確実にボールに当てる。
    練習場でアドレスの向きの練習を行い、斜面でもまっすぐ向けるようにする。
  2. 林の中からのセカンドショット(^^)
    20センチのすき間はプロでもなかなかグリーンは狙えない、真横のフェアウェイに出す。
    真横のフェアウェイに出すのでも、練習してきちんと出せるようする。
  3. アゴが高いフェアウェイバンカー(・∀・)
    脱出を1番に考える、ダフっても良いからアゴの低い真横に出す。
    真横にアゴがない場合、パターで転がして脱出する

 ※場合によっては、バンカーショットでパターが最適の時もある

このように50点以上のことをつなげていけば、スコアアップ⇧は間違いありません。

まずは、練習場でもコースでも構いません。「10球打って何回50点以下が出るのか」 🙄 数えてみてください。

ナイスショットより50点以下の方が多い 😮 と思います。

この50点以下を減らすにはどうしたらいいか 😕 考えてみてください。そして50点以下を出さないように練習して底上げ 😉 をしてください。

それが、「スコアアップへの近道」になります。

では、また次回(^_^)/~

LINEで送る
Pocket