みなさん  こんにちは 😛

今回は練習場でのラスト1球」についてお話しします✧✧

コースではこの「ラスト1球」に近い

練習場での最後の1球💦💦、、、うまく行かなかった時は不安な気持ちになりますよね😥

 ※意識すればするほど視界もせまくなりますよね^^;

カード💳を入れ直して「もう1球」「あっまたダメだ❢❢」、さらに「もう1球」と上手くいくまで打つかたもいると思います(^_^;)

でもこの感じ💦、、、コースで打つときと同じ感覚ではないですか? 🙄

最後の1球だからナイスショットを打ちたい気持ち(;´Д`)、、、思えば思うほど上手く打てなくなってしまう😠

ナイスショットを打とうとしない!!

コースは1球勝負⚠なので、打ち直しができません🆖

練習場でのラスト1球の確率が、コースでのショットの確率に近いと思います⚡⚡

練習場で👑ナイスショット👑を打とうと、身体の動きばかり(;´Д`)気にして練習している方がほとんどですが、この「ラスト1球」全くダメ❎ならコースでは通用できなくなってしまいます(゜o゜;

ですから、普段の練習でナイスショットばかり打とうとしない🏆で、プレッシャーのかかる場面でもリラックスして打てる🍃ように練習を工夫する🔍といいでしょう。

その考えがコースマネージメントにつながる

また「ラスト1球」がダメでも打ち直さず、その結果を素直に受けいれる🆗こともたいせつです❕❕

「まあこんなもんだろ👌」とか「これが今の実力🙆」という感じですね。

この「まあこんなもんだろ」が、「ミスがでてもしかたない」につながり、ミスを自分の中に受けいれる🆗ことができます。

そうすると、「ミスと上手につきあう👍」ようになり、「このミスを最小限にとどめる」には、「コースでどこに打てばいいか🎯」とか「あそこに打つなら、リラックスして打てるな🆕」と考えるようになります。

このようにを自分に対して、コースに対して考えるのがコースでのマネージメント🔠になります。

全体の底上げを

逆にめったに出ないナイスショットを基準💯に考えてしまうと、ミスを自分の中に受けいれることができなくなります🆖

「なんでミスするのか💧」「いつもとちがう🙅」などとさらに自分を苦しめてしまい、「ミスがミスを呼ぶ👎」という負のスパイラルに(゜o゜;

「ミスをして」悔しがる(●`ε´●)のは、悪いことではありません。悔しいなら計画的に🔢そのミスを直していきましょう 🙂

※リラックスできれば視界も広がるものですね(^o^)

1ヶ月後までに、半年までに、1年後までに、「できるものから」「確実に」「1つずつ」ミスを減らしていきましょう 😛

「ナイスショット」の練習をするのではなく、直せるものからミスを直して、「ナイスショットに近づける」のです 😆

無駄なミスをなくして全体の底上げ⤴⤴をしましょう

では、頑張ってくださいヽ(´ー`)ノ

 

 

 

LINEで送る
Pocket