みなさん  こんにちは(^^)

今回は、打つ前にミスを予想しているのに上手く行かない方必見です👍

ミスを予想した後に、、、何をしていけないか」「何をすべきなのか」お伝えしていきます😄

この記事は、約5分で読み終えることができます。

打つ前に考えることはとても大事なこと。

ゴルフはミスをするスポーツと言われるほど、思い通りにいくことが少ないものです💦

これは、社会に出てからの仕事だとか、人生に似たものだとよく言われます👀

DSC_0413

ですから、やるからには痛い思いはしたくない。失敗したくないと思うのは当然のこと☺

打つ前に、あれやこれやと考えることはとても大事なんです✨

「何をしたいか」でなく「何ができるか」

グリーンまで150ヤードのセカンドショット、左足下がりのラフにボールがあります⛳

グリーン手前にはバンカーがあり、風はフォローの状況で、あなたは何を考えますか?

何も考えないで打つのは1番良くない!?

グリーンまで150ヤードだからただ7番アイアンを持って、ただただピンに向かって打つのは、あまり良くありません🆖

ものすごく正確なショットを打つ世界のトッププロでも、何も考えないで打つことはありません🚫

DSC_0933

打つ前に「ボールのライ」「風の向き」「打っては行けない所」を把握して、

それによって起こる「ミス・結果」を予測することがまず大事です🆗

それから、自分の実力を加味して「何をしたいか」でなく、「何ができるか」を考えます☝

ボールのライや斜面によってできることが限られる。

この場合、「左足下がり」「風はフォロー」「ボールはラフ」という状況なので、ボールはピタッと止まりづらいです💧

左足下がりなので、「高く上げる」のは難しく、ラフなので「スピンをかける」のも難しい状況です💦

こういう場合は、手前から転がしてもバンカーに入る危険があるので、

グリーンに直接落として「オーバーでも良し」という考え方がいいでしょう💡

「なにができるか」という考え方が1番良いです👍

「こうあって欲しい」とか「こうしたい」という希望・願望のような考え方も好ましくありません❎

考えすぎて不安になる必要はない

しかし、同じような状況で逆に「考えすぎてミスをしてしまう」方もいます🌀

先程と同じ状況、グリーンまで150ヤードのセカンドショット、左足下がりのラフでフォローです⛳

高い球は出づらいので低い球でナイスショットトップしてもOKの状況です✨

「低い球で直接グリーンに乗せてオーバーでも良い」と決断したのに、

さらにトップのミスを気にして、結局打ち込みすぎてダフってしまいました😅

迷っているとミスをしやすくなる!?

イメージの力はとても大事で、これは良くも悪くも現実のものになりやすいと言われています👀

DSC_0366

悪いイメージが残っていると、不思議と体の動きも悪くなるものです。

決断したのに「悪いイメージ」が残っているなら、しっかりと打ち消してから打つようにして下さい☝

それでも打ち消せない場合は、さらに「何ができるか」

先程と同じ状況で、「悪いイメージ」をどうしても打ち消すことができない方もいると思います😵

「トップしてもOK」の状況なのに、トップを嫌がって結局ダフってしまった。。。

トップしてもOKという気持ちで臨めば、結果ナイスショットになったかもしれません✨

または、本当にトップしたがグリーンのマウンドに当たり、結果ナイスオンしたかもしれません💡

イメージを切り替えられない人は、「何ができるか」を考える。

このようにさらにミスを考えてしまう人は、その心理状態の中で「何ができるか」考えましょう☝

例えば、先程と同じ状況で、グリーン手前にバンカーがあるからトップするのが嫌なのかもしれません🔎

こんな場合は、グリーン方向ではなく左右に狙いを定めるといいと思います。💡

DSC_0921

グリーン脇にあえて狙いを定めて、そこから寄せてパーの可能性もあります⤴⤴

他人から見て「美しいか・キレイか」なんて全く必要ありません、自分が不安なくイメージできるかどうかが大事です☝

「何をしたいか」ではなく、「何ができるか」です❕❕

コースではこの考え方が無駄なショットを減らすコツになります☝

 

今回はここまでです。

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket