みなさん  こんにちは(^^)
今回は、「スコアカード」についてお伝えしていきます。

この記事は、約3分で読み終えることができます。

「スコアカード」書くだけではありません!?

 みなさんスコアカードは「書くだけのもの」だと思っていませんか?
過去の投稿で「スコアカードの書き方」を紹介しましたが、実は書くだけのものではありません。
今回は、そのスコアカードか読み取るものを紹介していきます。

注目すべきは「ホールハンディキャップ」!?

スコアカードにある数字に注目してみましょう。

「ホールNo.」「PAR○の規定打数」「距離」の他に「HDCPまたはHP」の欄があり、そこに1~18までの数字が書いてあるのをご存知ですか?

これがホールハンディキャップ.※といい、「各ホールの難しさを表す数字」になります。(※今後はHDCPと表します)

1番難しいのが「1」で表され、1番簡単なのが「18」という数字です。

すべて同じようにプレーしてませんか!?

基本的に距離の長いホールは、難易度が高くなります。

しかし距離の短いホールにも関わらず、難易度が高いホールがあります。

このようなホールには、必ずと言っていいほど「スコアを崩す罠」があり、経験の浅いゴルファーなどはその罠に引っかかりやすいです。

罠にかかりやすいゴルファーほど、18ホールすべて同じようにプレーしていることが多いのです。

大胆に攻めるホール、謙虚に守るホールを見極める

これを基準にスコアメイクを!?

例えば、290ヤードのPAR4でHDCPが3という短いミドルホールがあります。

あなたは、こんな難易度が高いホールでも、距離が短いからといって「バーディ」「ワンオン」を狙いますか?

これでは、コース設計者の「思うツボ」です。

フェアウェイの傾斜、ペナルティ(OB・池)やバンカーの配置、木やロケーション、グリーンの傾斜・形状など様々な罠があります。

これら罠の情報をできるだけ集めて、自分の技量をふまえてから安全な選択をしていきます。

このように、各ホールの距離とHDCPを参考にして、自分の使うクラブやミスした時の対策を考えてプレーすることが、「スコアメイク」には欠かせない大事なことです。

このHPを基準に目標スコアを設定する

例えば、100切り目標の人は!?

18ホールすべてダブルボギーだと、スコアは+2ずつなので108、それがボギーだと+1ずつで90ですね。

100切り目標の人は99以下で良いので、こんな目標設定をしてみて下さい。

HPが1~9までの難しいホールはダブルボギーを目標に、HPが10~18までの比較的易しいホールはボギーが目標です。

こうすることで、18ホールすべてがむしゃらにプレーするのではなく、頭を使ってクレバーにプレーすることができるでしょう。

ぜひこのホールハンディキャップを活用して、プレーしてみて下さい。

 

 では、(^_^)/~

 

 

LINEで送る
Pocket