みなさん  こんにちは(^^)
今回は、「スイングを柔らかくする」です✨
この記事は、約4分で読み終えることができます。

「スイングを柔らかくする」ってどういうこと!?

スイングを柔らかくするって聞くと、「力みのない滑らかなスイング」を想像する方も多いのではないでしょうか✋❓
確かにそれも柔らかいですが、今回はさまざまな状況に対応できる「柔軟なスイング」のことを言います☝

スイングは固めるものじゃないの!?

確かにプロを含めた多くのゴルファーは、「再現性の高い理想のスイング」を目指して、日々練習に取り組んでいます💃
練習場では、状況は「風とボール」以外は変わることはないので、同じ目標に打てることは可能でしょう⛳

DSC_1035

しかし、コースではどうでしょうか❓
ボールは止まってはいますが、ボールがある傾斜や芝の状態・風の方向などなど1打ごとに状況は変わっていきます👀

柔軟なスイングも必要。

例えば、前足下がりでの2打目、理想のスイングを打とうとしてミスするよりは、ライナーのような低い球が出ても良しとしますよね🆗
その為には、多少ダフる人でもボールの位置を右足よりにするなどして、ダフらずになるべくグリーンに近づける打ち方が良いです👍

また高い球を打つのに、多少ヘッドアップして打つ人がいるとします✋
こんな人が、理想のスイングにこだわってヘッドアップを気にして、高い球が打てなくなったらどうでしょうか❓

木を越えるのに1つ武器が減ってしまうのは、コースを攻略するのに非常にキツくなるでしょう😅
このようにコースでは、さまざまな状況に対応できる「柔軟なスイング」も必要になります😄

状況に応じたスイングテクニック

まっすぐ打つことだけが全てではない!?

テレビ中継でも、プロゴルファーが打った後「すぐクラブをはなす動きを見たことがあると思います👀
この動きは確かに「理想のスイング」ではありませんが、左がNGゾーンなどの場合で絶対に「左に打たないテクニックとも言えます🆗

左ひじを外側に曲げる動き

また、左にいかないように「左ひじをわざと外側に曲げる」などありますが、なかなか一般ゴルファーには難しいでしょう😅
しかし一般ゴルファーでも、左にいかないように目標を変える(アドレスの向き)ことはできるはずです😄
まっすぐ打つことばかりにこだわっていると、コースを攻略するのに必要な柔軟な考え方もできなくなります💡
多少ボールが曲がっても、NGゾーンに行かなければ良いのです🆗

1つの動きにこだわらないこと。

また練習場でも、「まっすぐ打つこと」「1つの動き・スイング」にこだわらない練習をしましょう👍
例えば、右にしか曲がらない場合は、「右の曲げを少なくしたり」「左に曲げたり」することも大事です🆗

1つの動きにこだわらないことも大事

こうすることを繰り返すことで、「こう動かすと左に曲がる↖」「逆にこうだと右↗」「この両方の中間がまっすぐ⬆」などと、ある程度ボールをコントロールすることができます🎮
こうなると、コースを攻略するのに必要なスイングテクニックが増えてくるのです🆙

こうすることで調整する力も身につく

また、ボールをコントロールすることができると、自分の身体がどのように動いているのかイメージしすくなります😄
そうすると「こう動かすとこういうボールが打てる」などとイメージが鮮明になってくるはずです💡
このような感覚を磨くことによって、自分のスイングを「誰かに見てもらったり」「動画をとって確認」しなくてもミスの原因が分かりやすくなります☝
常日頃から、身体を動かす時に「自分のカラダと会話する」癖をつくっておきましょう✨

自分のカラダと会話しましょう

 これを繰り返すことで、練習場でもコースでも調子が悪くなった時に「自分でスイングを調整する能力」が養えます👀
テレビ中継でのプロのインタビューで「調子が悪かったけど良いスコアで上がれた」などと口にするのは、この調整する能力が高いといえるでしょう⤴
プロゴルファーは、この「スイングを微調整する能力」がものすごく高いので、「コースマネージメント」が非常に上手にできるのです㊙
まずは「自分のカラダと会話する」ことから始めて、「スイングを調整する能力」を高めていきましょう😄
では、(^_^)/~

 

LINEで送る
Pocket