みなさん こんにちは

今回は効率よく効果のでる練習方法についてふれてみたいと思います。

みなさんどんな練習してますか?

雑誌やレッスン番組を見たり、テレビ中継で好きな選手の真似をしたり、、練習器具を使って矯正したり、、、

練習の方法は様々です。

効率よく効果のでる、5つのゴルフ練習法

しかし、その練習、、明日コースで使えますか???

⇒「YES」と言える人は少ないと思います(^_^;)

ではどうしたら良いのか、、、

 

簡潔に言うと次の「2つの練習」が重要です!!

 

効率的な2種類の練習

  1. フォームを修正するための練習
  2. コースを廻る為に必要な練習

※時間配分は半々でちょうど良いと思います。

 

1.【フォームを修正する練習】

練習といえばほとんどの方が、こちらのフォームを修正する練習をおこなっていると思います。

フォーム練習のポイント

フォームを修正する練習

  • 「自分がやりやすい方法」で、「治しやすい部分」から手をつけていきましょう(^^)
  • 治す部分が多くても少なくても良くありません
  • 個人差はあると思いますが多くて「3~5箇所」に絞りましょう。

これを無意識に出来るようにひたすら反復練習です、他の関係のない部位に意識がいくと練習の効果は半減します!!

1箇所治すのに大体2~3ヶ月(*_*)かかると思います。(毎週1回1時間の練習を欠かさず行った場合)

けっこう時間かかると思うでしょうが、完全に治すということは無意識に出来る様になるということです!!

そうでないとコースではこの修正された動きは出てきません!!

フォームを修正するだけでは足りていない?

まず練習場でフォームを修正していくことはとても大事です。

しかしそれだけではコースでは通用しません!!

 

2.【コースを廻る為に必要な練習】

ではどんな練習が必要なのか?を考えてみましょう。

まずはコースでありがちなミスの例を挙げてみます。

  1. 目標に正しく向けていない(^_^;)
  2. クラブがかわるとアドレスが極端に変わる(;_;)
  3. 毎回同じテンポ(又はスピード)で打てていない(*_*)
  4. 自分のペースで廻れない(同伴者につられてしまう)(-_-)

 

これらのミスをしないように練習場で出来ることは、、、

 

2-1.「目標に正しく向く」

練習場にある看板・柱・木など目標をとり、正しく向けているかの練習をします。

 

2-2.「同じアドレス」

クラブを1球ごとにかえて、同じアドレスが出来るかの練習をします。
(厳密に言うと、ドライバーとショートアイアンは若干変わります)

コースでは景色とアンジュレーションによってアドレスが変わってしまい、ミスを引き起こすことが多々あります(ToT)

ですから、クラブがかわっても同じアドレスで構えたいものですね。

 

2-3.「同じテンポ」

これもクラブを「1球ごとに」かえて、同じテンポで打てるかの練習をします。

ドライバーだけものすごく速い人、、、結構いると思います(^_^;)

2-4.「マイペース」

特に初心者ですが、構えてから打つまでが非常に長い方が多い!!結局、時間がかかりすぎて自分が慌てる羽目に(>_<)

同伴者が打っている時に自分が今度することを決めて、自分の番になったら速やかに打てるようにしたいですね。

そういった良い意味での「マイペース」(自分の時間を作る)です。

その為には、練習場で[頭を整理して速やかに構える癖]をつけておきましょう。

上級者になるとこれが[ルーティン]になり、1球ごとにルーティンの練習をするのが大事になります。

みなさんも是非、コースを廻る為に必要な練習をしてみて下さい。

 

長くなりましたが、以上が「効率よく効果がでる、5つ(1+4)のゴルフ練習法」です。
いかがでしたでしょうか?

私のゴルフスクール「impact」では、もちろん!!このような指導も行っております。

興味が湧いてきましたか?
無料体験レッスン」を受けてみます?

興味のわいた方は、お気軽にお問い合わせ下さい♪
ご連絡お待ちしております。

では、次回もお楽しみに

 

 

LINEで送る
Pocket