みなさん  こんにちは(^^)

今回は、人気の「どっちが良いの!?」シリーズです。

DSC_1432

この記事は、約5分で読み終えることができます。

ボディターン(スイング) VS 手打ちスイング

ゴルフ理論では賛否問われる永遠のテーマ

ゴルフスイングは、「ボディターンじゃないと駄目なのか!?」それとも「手打ちでも良いのか!?」

レッスン動画や雑誌などで常に取り上げられるこの2つのテーマ

とある雑誌では、「手打ちはミスショットの原因!?」とあれば、

違う雑誌では、「100切りなら手打ちでも大丈夫!?」などと書いてある時もあります。

また、指導者などでも「手打ちを厳禁」する方もいれば、逆に「手打ちを推奨」する方もいます。

今後も賛否が問われる永遠のテーマかも知れません。

ボディーターン(スイング)とは!?

これも指導者や選手によってさまざまで、ボディターン(スイング)にはこれといった定義はありません。

いわゆる体主導(体幹主導)で、腕・クラブを操作する(動かす)スイングのことを言います。

過去の投稿「手打ちのせつめい」の中でもお伝えしましたが、

100%ボディターンのスイングは、世界のトッププロでもごくわずかです。

ボディターン(スイング)の基準ってあるの!?

世界のトッププロでも、100%のボディーターン(スイング)の方はそうはいない訳ですから、

世界中のゴルファーは、ほとんどが「ボディターンができていない」ということになるでしょう。

かと言って、初心者でも100%手打ちスイングの人もいないでしょう。(手を動かすと体は少し動きますので、、、)

DSC_1405

そうすると、どこからが手打ちでどこからがボティーターンなのか!?

これもはっきりとした基準はなく、指導者や選手によって大きく変わるところでもあるでしょう。

それでは、ボディーターン(スイング)と手打ちスイングの特徴について、説明していきましょう。

ボディターン・手打ちスイングの特徴

ボディターン(スイング)のメリット

  • 体の大きな筋肉を使ってスイングできるので、飛距離が出やすい
  • 体の各部位を連動をさせるのでバランスが保ちやすく、ミート率・方向性が良くなる。
  • 全身を使うのでスタミナもあり、ケガ・故障をしづらくなる。

ボディターン(スイング)のデメリット

  • 手・腕のように器用に動かせないので、習得するのにかなりの時間がかかる
  • 体がうまく連動していないと、飛ばないどころがミスショットの原因となる
  • 体(体幹)の柔軟性が低い場合、ミスショットだけでなくケガ・故障の原因となる。

手打ちスイングのメリット

  • 初心者や初級者などのゴルファーには、手軽であり楽しく習得できる
  • 体の大きな筋肉とは違って器用に動かせるので、スイングのイメージもしやすい
  • 飛距離を必要としないアプローチやパターなどは、ある程度までレベルアップが可能である

手打ちスイングのデメリット

  • 小さい筋肉で打つスイングなので、飛距離に限界がある
  • 少しの斜面でもバランスを崩しやすく、ミスショットをしやすくなる
  • ジャストミートしづらく腕や手に負担がかかるので、ケガや故障をしやすい

ボディターンと手打ち どっちが良いの!?

手打ちスイングはどうしても限界がある!?

さてボディターン(スイング)と手打ちスイングについて説明してきましたが、

手打ちスイングは習得しやすいが、毎回同じスイングをしているつもりでも違うことが多く(再現性が低く)、

結果でも好不調の波が非常に激しくなります。

ボディターン(スイング)は習得が難しく時間がかかる!?

これに対して、ボディターン(スイング)は良くなればなるほど、

「ミート率」「方向性」「飛距離」などなど全ての結果が良くなることは間違いありません。

このように手が離れてしまい、上手くいかないことも、、、

しかし、かなりの練習量と地道な作業・訓練(反復動作)が必要になります。

練習しても身につかないことも!?

また、体幹の柔軟性・連動性が悪いといくらボールを打って練習しても、習得ができないこともあります。

さらに、専門の知識なくボディターンを練習しても、身につくどころかかえってスイングを悪くすることもありますので、

専門の知識をもったレッスンプロなどに教わることが賢明です。

雑誌やレッスン動画のワンポイントの寄せ集めでは、「ボディターン」の習得は、まず無理であると思います。

練習時間と目標によって決める!?

月イチゴルファーは手打ちスイングがオススメ!?

例えば、ゴルフをする日が月に1,2回の方が、ボディターンを習得するには相当難しいと思います。

専門の知識なく自己流なら、まず無理でしょう。

このような方には、手打ちスイングをオススメします。

さらには、体に無理のないようにお風呂上がりに毎晩ストレッチをしたり、ウオーキングやマラソンなどもお勧めします。

また、アプローチやパターなどは自宅で素振りをすれば、スコアアップに繋がると思います。

練習時間が少ない人は手打ちでも大丈夫!?

ゴルフに時間をかけられない方は、無理にボディターン(スイング)でなくても良いのです。

習得したい方は、焦りは禁物!?

最後にボディターンを習得したいのなら、焦りは禁物です。

レッスンプロと相談しながら、計画的に習得していくがとても大事です。

また、目標(スコア)によって、「どれくらいのレベルまでボディターンを習得するか」という判断も必要です。

これもレッスンプロと相談しながら行うのが、最善だと思います。

 

最後まで読んでいただき、有難うございました。

LINEで送る
Pocket