みなさん  こんにちは(^^)
今回は、ゴルフ理論「どっち!?」シリーズです👏
アーリーコックレイトコックについてお伝えしていきます👍

この記事は、約3分で読み終えることができます。

バックスイングの肝「コック」

コックとは!?

ゴルフスイングのバックスイングの動きで、手首が親指側に曲がっていく動作のことを言います👍

クラブヘッドの重みを使うにはコックは必要!!

このコックの動きは、腕とクラブが一体となり、ヘッドの重みを使ってスイングすることができます💡

コックを上手く使えないと、クラブの軌道がずれたり、体の軸がぶれてスウェイしたりと、ミスショットの原因になります👀

アーリーコックとレイトコックってどう違うの!?

どちらもバックスイング中にコックをいれるのですが、それが「早い」(英語で early)のか、「遅い」(英語で late)のかということです☝

アーリーコックは、バックスイングの始動と同時に(早めに)コックを入れていくのに対して、レイトコックは、バックスイングの中盤以降に(遅めに)コックを入れていきます✨

それでは、このアーリーコックレイトコックについて、詳しく説明していきましょう🎶

この2つのコックの特徴

アーリーコックの長所

  • 腕とクラブが一体になりやすい(身体とではない)ので、ゴルフ初心者や非力なジュニア・女性の方に向いている😄
  • ボールに対してクラブが鋭角に入るので、アイアンは打ちやすい🆗
  • ダウンスイングでのタメ」が大きくなるので、飛距離が出やすくなる⤴

    アーリーコックは手元が腰の位置にきたら完了

アーリーコックの短所

  • 体と腕は連動しづらいので、手打ちになりやすく、安定したスイングをするのが難しい😅
  • 手先に意識が行きやすいので、力んでしまうとタイミングをとるのが難しい🆖
  • ボールに対してクラブが鋭角に入るので、ドライバー(特に大型ヘッド)は打ちづらい💦

レイトコックの長所

  • 身体と腕・クラブが連動しやすいので、安定したスイングをすることが出来る👌
  • インパクトゾーン(目標方向にまっすぐに飛ぶ範囲)が長いので、方向性が良くなる🆙
  • ボールに対してクラブが鋭角に入りにくいので、ドライバーは打ちやすい😄

    レイトコックは手元が腰をすぎてから入り始める

レイトコックの短所

  • 身体と連動させてコックを入れるのが難しいので、動作を身につけるのに時間がかかる💦
  • コックを入れるタイミングが悪いと、体の軸がぶれてスウェイしやすくなる😅
  • 右ひじが(右打ちの場合)曲がりづらくなるので、軌道がズレやすくなる🆖

アーリーコックとレイトコックどっちが正しいの!?

どっちも正しい!?

この2つのコックについてですが、説明してきたように共に長所と短所がありますので、どっちが正しいと言われたら「どっちも正しい」ということになります☝

アーリーコックを取り入れてから、ドライバーが良くなった方もいますし、逆に悪くなった方もいます👀
また、レイトコックにしたら方向性が悪くなった方もいますし、逆に良くなった方もいます👀

自分の体と会話し、合ったものを。

様々な理論がありますので、「自分の体💪と会話」して自分に合ったものを取り入れることが大事です。☝

こっちの方が「しっくりくる」などの体との会話が大事

見た目カッコいいとか、好きなプロが行っているからという理由で、スイングを取り入れてはいけません。

ノーコックはありえない!?

最後に、コックの動きを使っていない「ノーコック」と言われるスイングがありますが、雑誌やレッスン番組(動画)などで聞いたことありますか👂?

ノーコックとは言いますが、これも結局トップからの切り返しで「コック」が入りますので、レイトコックの一部になります☝

実際にノーコックを使っているのは、パターや短いアプローチと言っていいでしょう💫

 

次回も様々な理論についてお伝えしていきます。

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket