みなさん  こんにちは(^^)

今回は、ゴルフの軸足「前足軸or後足軸」についてお伝えしていきます😄

この記事は、約4分で読み終えることができます。

野球のピッチャーを例にしてみる

まず野球のピッチングフォーム(右投げ)を例にして、説明していきます🔎

振りかぶる時に右足に体重をのせ、ボールを投げるのに左足に踏み込んでから投げるタイプ、

右足で踏ん張って投げるタイプがいます👀

右足で踏ん張るタイプも、ボールを前に投げるので、最終的には左足(前足)に体重が乗っていきますが、

投げるきっかけ「左or右?」どちらかで軸足は決まります

軸足だからといって、決して「回転軸である背骨」が右足の上にあるということではありません💦

右投げでは、左足が軸足の人は「前足軸」、右足が軸足の人は「後足軸」となっています🆗

ゴルフの軸足は、、、

このピッチングフォームをゴルフに当てはめていくと、、、

ゴルフでは、まず右打ちの場合、バックスイングで右足に体重が乗っていきます🔎

 

トップから切り返しの時に、左足(前足)に踏み込んでからインパクトする人は「前足軸」

右足で踏ん張ってインパクトする人は「後足軸」となります☝

ピッチャーと同じで、インパクトする(切り返しの)きっかけが「どちらかの足」かで、軸足となります😁

クラブヘッドは前足方向に動きますので、後足軸のゴルファーもフィニッシュではある程度左足に体重が乗ってきます👀

また注意したいのは、「回転軸である背骨」が左右どちらの足にあるかで、軸足が決まるわけではありません⚠

また右打ちの場合右利きだからといって右足が軸足になるとは限りません🆖

 

右足軸のインパクト

左足軸のインパクト

1.前足軸スイングの特徴

切り返しから前足に踏み込んでインパクトする、前足軸のメリット・デメリットを紹介していきます✨

動画は、前足軸のジェイソン・デイです🆕

前足軸のメリット

まずは前足軸スイングのメリットです。一般的なスイングなので違和感ないと思います🆗

  • ハンドファーストでインパクトしやすく、ボールを力強くとらえることができる😄
  • ボールに対してクラブを鋭角にいれることができるので、深いラフでも打ちやすい
  • 体重が後足に残りづらいので、ボディーターンをしやすくなる(手打ちになりにくい)

    前足軸の切り返し

前足軸のデメリット

一般的なスイングですが、デメリットもいくつかあります🆖

  • クラブを鋭角にいれてしまうため、向かい風の時は距離をロスしやすい😅
  • ハンドファーストしすぎてしまう傾向があるので、ボールがつかまりにくい(右打ちの場合、右にボールが飛んでしまう)
  • クラブヘッドが先行しづらいので、高いボールは打ちづらい

2.後足軸スイングの特徴

前足軸とは反対に、切り返しからインパクトまで後足で踏ん張ってインパクトする、

後足軸のメリット・デメリットを紹介していきます☝

動画は、後足軸のバッバ・ワトソンです🆙(非常にわかりやすいです)

後足軸のメリット

インパクトしてから前足に体重が移動していくので、前足軸スイングに見間違えやすいですが、

よく見ると後足軸のゴルファーも結構います🆗

  • ボールに対してクラブを緩やかにいれることができるので、向かい風の時でも飛距離は落ちにくい
  • クラブヘッドが先行しやすくなるので、ボールをつかまえやすくなる😁(右打ちの場合、右にボールはいきにくい)
  • 高弾道のボールが打ちやすくなるので、ドライバーでの飛距離がアップしやすい

    後足軸の切り返し

後足軸のデメリット

  • ハンドファーストでインパクトしづらいので、ボールを力強く打ちづらい
  • 体が止まりやすいスイングなので、手打ちになりやすい😵
  • クラブヘッドを鋭角にいれづらいので、ボールの位置が悪条件の時にミスが多くなる(深いラフ、ベヤグラウンドなど)

3.あなたの軸足はどっち!?

こんな人は○軸足の可能性あり!?

いかかでしたか、記事を読んで軸足がどちらか分かりましたか?

断定はできませんが、「前足下がりでもあまり苦労せずに打てる人」「フォローを長くとっても体がぶれない人」

は前足軸の可能性有りです💡

後足軸のフォロー

前足軸のフォロー

 

 

自分に合った軸足で

最後にゴルフでは、前足軸が一般的とはいわれてますが、前足軸のスイングでなかなかうまく打てない方もいます🆘

どっちが正しいということはありませんので、あなたに合った軸足でスイングすることをオススメします☝

今回はここまでです、(^_^)/~

 

LINEで送る
Pocket