みなさん  こんにちは(^^)
今回は、『ゴルフスイングのせつめい』シリーズです🎶
その5『インパクト編』に続いて、専門用語をまじえながら『フォロースルー編』をお伝えしていきます💡
この記事は、約4分で読み終えることができます。

 ボールを打った後でもあなどれない『フォロースルー』

インパクトの後からフィニッシュまでの動作を『フォロースルー』と言います✨
ボールを打った後の動きなので、あまり重要ではないと思っている方もいると思いますが、そんなことありません☝

DSC_0497

ゴルフ雑誌やレッスン動画でもフォロースルーをテーマにしたものが数多くありますので、フォロースルーがどれだけ大事か分かると思います👀
またゴルフに限らず、野球やテニスなどでもフォロースルーでたくさんの理論があるのも大事な理由の1つだと思います👍

正しいフォロースルーで安定したスイングを

インパクトでボールの「入口」が良くても、「出口」であるフォロースルーが悪いと、ボールの方向性は悪くなります😅
また、ボールの方向性だけでなく飛距離も出づらくなり、ひどい時にはケガをしてしまうこともあります😭

さらにフォロースルーが悪いとバランスの悪い不安定なフィニッシュとなり、これを繰り返すことでスイングも不安定になります😵
正しいフォロースルーを心がけて、安定したスイングをしていきましょう✋

 

遠心力(えんしんりょく)を使っていきましょう

ゴルフは背骨を中心に回転運動をしますので、クラブヘッドには「遠心力」が発生します💫

この遠心力って何!?

この遠心力ですが身近なものでは、車に乗っている時に感じることができます🚗
車が左に曲がる時に、右側(曲がる向きとは逆方向)にズレるような動きを感じますね。(ジェットコースター🎢の方が分かりやすいですね)

これが「遠心力」です👀
フォロースルーで正しい動きをすると、遠心力がクラブヘッドに最大限に働いて方向性・飛距離ともにアップしていくでしょう😄

フォロースルーでの注意点

1.クラブヘッド・腕がすぐ上にあがってしまう

これはフォロースルーでの悪い動きの代表格にあがるものですね😅
インパクトでボールにパワーを伝えきれずに、クラブヘッドがすぐ上にあがってしまう動きです🆖

DSC_1184

クラブヘッドがすぐ上に逃げてしまうと、スライスやトップしやすくなります💦
原因は、「手でクラブを下ろしすぎ」「肩や腕に力を入れすぎ」などが考えられます💨

肩や腕がリラックス、またはワキをしめてインパクトできると良くなってくるでしょう🆙

2.左ひじが外に曲がってしまう

これも1番と同じように、一般ゴルファーには非常に多い動きです😭
フォロースルーで左ひじが外側に曲がってしまうと、インパクトゾーンが長くとれず方向性・飛距離ともにのぞめません⤵

左ひじがまがってしまうとインパクトゾーンが長くとれません

原因は、「スイング軌道が良くない」「上体が起き上がる」などが考えられます🚫
スイング軌道の見直しや前傾姿勢をキープしてフォロースルーをとると良くなってくるでしょう🆗

3.上半身または腕だけのフォロースルー

最後は、フォロースルーを低く長くとろうとしすぎて、体が止まってしまい上体または腕だけでフォロースルーしてしまう動きです😵
このフォロースルーだと打点や入射角が安定しないので、トップやダフリの原因となります💦

上体または腕だけでフォローをとると腰がひけたように見えます

これは、「バックスイングで捻転が足りない」「手打ちスイング」などが原因と考えられます💨
バックスイングで上体をもう少しねじったり、ねじった時に下半身が我慢できると改善されるでしょう💃

いかがでしたか、次回は『フィニッシュ編』です。

 

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket