みなさん  こんにちは(^^)

今回は、「どっちが良いの!?」シリーズです。

DSC_1266

ロングサムショートサムについてお伝えしていきます。

この記事は、約5分で読み終えることができます。

 指の付け根(手の平側)で握るか!?指先で握るか!?

サムとは親指(thumb)という意味

ゴルフ経験者なら聞いたことがあるかも知れませんが、初心者などはまず知らないロングサム・ショートサム

実は、グリップの専門用語(特に左手)なんです。

ちなみにサムとは英語でthubmと書き、「親指」という意味になります。

ロングサムとショートサムって何!?

ロングサムは長い親指ショートサムは短い親指となりますが、この違いは何でしょうか!?

グリップを指の付け根(手の平側)で握ると、シャフトに対して親指を長く添える(グリップする)ことができます。

DSC_1272

これが、「ロングサム」です。

次に、グリップを指先で握ると、シャフトに対して親指は、短く添える(グリップする)ことになります。

DSC_1268

これが「ショートサム」です。

また、人差し指の位置(第2関節)から親指が、「長く or 短く」出ているからとも言われます。

握り方に決まりはない!?

またロングサム・ショートサムは、中指に対してクラブを垂直に握るとロングサムになりますし、

DSC_1269

中指に対してクラブを斜めに握るとショートサムとなります。

DSC_1270

指先で握るか、ななめに握るかでショートサムという定義はなく

親指を短く添えるか(親指が短く見えるか)ということになります。

 

ロングサムとショートサムの特徴

ロングサムのメリット

  • アドレスでハンドダウンに構えるので、ボールが捕まりやすくフックになりやすい
  • コックを充分に使えるので、ボディーターンができない初心者向けのグリップ
  • 手首を使いやすくなるので、強い球が打て飛距離が出る

ロングサムのデメリット

  • ハンドダウンになるので、フックが出やすい
  • 手首を使いやすいので、タイミングを取りづらく方向性が悪くなる
  • 親指が他の指と離れるので、クラブと手の一体感がなくなる

 

ショートサムのメリット

  • 手首を使いづらくなるので、方向性が良くなる
  • 親指と他の指が離れていないので、クラブと手の一体感がでやすい
  • クラブの直進性が向上するので、アプローチには最適のグリップ

ショートサムのデメリット

  • ハンドアップになるので、ボールが捕まりづらくスライスになりやすい
  • 手首を使いづらくなるので、飛距離が出にくい
  • 親指に力を入れやすくなるので、フェースの面が変わりやすく不安定になる

ロングサムとショートサムどっちが正しいの!?

どっちも正しい!?

ロングサムとショートサムのメリット・デメリットについて説明してきましたが、

どちらにもメリット・デメリットがありますので、どっちが正しいかは人それぞれでしょう。

ロングサムでも方向性が良くなる方もいますし、ショートサムで飛距離が出る方もいます。

また、現在ショートサムが主流のゴルフ界の中でも、ロングサムを推奨するプロもいます。

自分の身体・感覚に合ったものを

今回は、特に左手のグリップの中で親指についてお伝えしてきましたが、

最新の理論のグリップだからといって、無理に変えたりする必要はありません。

あくまで自分が握りやすいとか・振りやすいなどの感覚を大事にして下さい。

 

次回も様々なゴルフ理論についてお伝えしていきます。

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket