みなさん  こんにちは

先日、今年の流行語大賞が発表されましたね、みなさんの印象に残った「ワード」ありましたか?

今回はその受賞されたうちの1つ「PPAP」にちなんで、このゴルフバージョンをお伝えします。

お笑いではない

お笑いにもっていくのはなかなか難しいm(_ _)mので、普段あまり耳にしないゴルフ用語を4つを厳選しました。

お笑い編も載せていく予定ではありますが、、、(^_^;)

P :プラスハンデ(Plus handicap)

大半のアマテュアゴルファーはマイナスハンデであり、これがいわゆるハンディキャップといわれるもの。

これがトップアマでハンデが0位上の実力になると、プラスハンデとなります。(PAR72でスコア72以下の実力)

ツアープロのハンデは、大体+4~+6くらいになると言われており(プロはハンデを持たないが)、タイガー・ウッズだと+8か+9くらいだと言われております。

P :プレジデンツ・カップ(Presidents Cup)

ライダー・カップの行われない年に、二年に一度行われる大陸別対抗戦です。

世界選抜(ヨーロッパ以外の国の代表選手からなるチーム)と米国選抜(アメリカ代表選手)とで争われます。

前回のプレジデンツ・カップは、2015年アジア初の韓国で開催され、米国選抜が勝利、6連勝となりました。

A :アリソンバンカー(Alison Bunker)

深くてあごの高いバンカーのこと。日本独特の呼び名で英国ではミュアフィールドバンカーと言います。

廣野ゴルフ倶楽部(兵庫県)や川奈・富士コース(静岡県)などの超名門コースの設計家として、日本では良く知られているチャールズ・アリソン氏(Charies Hugh Alison)が日本に残したものの1つとして、この深くてあごが高いバンカーのことを「アリソンバンカー」と呼んでいます。

P :プラグドボール(Plugged ball)

フェアウェイ、ラフに関わらず、ボールの勢いで柔らかい地面に食い込んだボールのこと。

雨の日の後で地面が柔らかくなるとショートアイアンの高いボールだけでなく、ドライバーショットでも地面に潜ってしまうことがあります。

この場合、フェアウェイ・ラフに関わらず無罰で救済を受けることができます。

自分の落下の勢いで作ったボール跡以外深いラフに埋まっている場合(ただ単に芝に埋もれてる状態)を除きます。

ちなみにバンカーで砂に食い込んだボールはフライドエッグ(いわゆる目玉)と言います。

以上、少々強引な感じではありましたが、、、PPAPでした。

もちろん大賞の「神ってる」 ゴルフバージョンも近日中に掲載します。

では、次回もお楽しみに

LINEで送る
Pocket