みなさん こんにちは(^^)

今回は、先月の「基本的なルール その1」の続編です。

ティーグラウンド上でのルールをシチュエーション別にお伝えします。

1.ティー区域外にティーアップして打った 😥 :2打罰で打ち直し

上の写真のように、よくいわれる「デベソ」ですね

ティーショットの時に、ティーマーカーを結んだエリア(ティー区域*1)の外に、ティーアップして打ってしまったら2打罰❎になります。

さらにそのショットは無効となってしまい、再度ティーショットを打ち直さなければなりません。

意外とみなさんやってます(^_^;) よくデベソするかたは、ご注意ください⚠

*1.ティー区域:2つのティーマーカーの外側を結んだラインから、2クラブレングス後方までのエリア

2.ティー区域外にスタンスして打った 😀 :0打罰

シチュエーション1は、ティー区域外にボールがある場合、こんどはティー区域外にスタンス(足)して打った場合です☝

ボールがティー区域内にあれば、スタンスはどこにあっても問題なく、ペナルティはありません。

ティー区域は、ボールをティーアップする場所を定めたものなので、スタンスとは関係ありません👀

プレイヤーが外にでてもいいので、ティーグラウンドを広く使えますよね🌟

3.間違って同伴者のクラブで打ってしまった 🙁  :2打罰

これも意外と知らない人多いと思います。同伴者で、自分と同じクラブを使っているときは、間違えやすいですよね。

自分のクラブ(14本以内)ではないクラブを使うと2打罰になります(*_*)

また、間違いでなく同伴者に許可を得ても2打罰になりますので、ご注意ください🆖

ただし、ティー・グローブ・マーカーなどの小物は同伴者から借りることはできます🆗

もちろん、ボールも借りても大丈夫です👌

4.同伴者に「何番クラブでで打ったのか?」聞いた(?_?):2打罰

打ち上げのショートホールなど、何番で打ったらいいか迷うときありますよね、、、(^_^;)

こんなときに同伴者に「何番で打ったの?」とかアドバイスを求めたらペナルティ(2打罰❎)を受けます。逆に「7番で打ったよ」のようなアドバイスを教えても2打罰❎になります。

アドバイスを求められるのは、自分のパートナーかキャディだけになります👀

 5.空振りでティからボールが落ちたので、再びティーにのせて打った(*_*):1打罰

 

素振りではなく、実際にボールを打とうとしての空振りは、実際にスイングしたということでプレー開始とみなされます☝

再びティーにのせることは、インプレー(*2)のボールをひろったことになり、打った数とは別に1打罰❎のペナルティとなります。

つまりこの場合、空振り(1打)+ペナルティ(1打)で、3打目を打ったことになります(*_*)

*2.インプレー:ティーショットを打った後から、そのホールのカップに入れるまでのことをインプレーといいます。

 

以上、ティーグラウンド編でした。

では(^_^)/~

LINEで送る
Pocket