みなさん 🙂   こんにちは☀

今回は先月お送りした基本的な3つのルールの続きです。

ラウンドするのに最低限知っておきたいもの5つ厳選して、「シチュエーション別」にお伝えします。

1.ティーグラウンドにて素振りやアドレス時にボールがティーから落ちた😓・・・0打罰


ティーアップしてアドレスしようと、クラブヘッドをボールに近づけたらボールがティーから落ちてしまった(^_^;)、、、

「ボールを打つ意思がないのでストロークではない」ということで、無罰でもう一度ティーアップ🌟となります(やり直し可能)

また、素振りでボールに当たってしまった 😥 場合でも、ボールを打つ意思がない限り同様になります。(※ティーショットに限ります)

2.フェアウェイで同伴者よりホール(穴)に近いのに先に打ってしまった👀・・・0打罰

第2打からは、ボールがホール⛳から遠い順に打ちますが(遠球先打)、順番を間違えても罰はありません 🙂 無罰でプレーを続けられます。

またティーグラウンドでの打つ順番は、前のホールでのスコアが良かった順📈になります。ティーグラウンドで打つ順番🔢を間違えても無罰です。

3.フェアウェイで自分のボールを蹴ってしまった😠・・・1打罰

フェアウェイに限らず、ラフでも自分のボールを蹴ってしまった場合は、1打罰❎元の場所リプレース(※1)元の場所に戻さずそのまま打つと、2打罰❌となります。

蹴るだけでなく、触ったり、クラブに当たりボールが動いてしまったら同様のペナルティ(T_T)を受けます。触っても動かない場合はペナルティにはなりません。

※1:ボールを元の場所に戻す(置く)こと。ドロップではない

また、ボールが動いた時の対応💨💨は、「ボールを動かす人・物」によって変わるので、下の表を参考☝にしてください。

ボールを動かした要因 その場合の処置 ペナルティ
① 自分とそのパートナー(キャディさんや自身のクラブ・携行品) ボールを元の位置に戻してプレー 1打罰
② ①以外の人・物(同伴者・カラス etc) ボールを元の位置に戻してプレー 0打罰
③ 自然(風 etc) ボールが静止した所からプレー
(ボールを元の位置に戻さずプレー)
0打罰

4.空振り😳・・・0打罰

空振りしたこと自体ペナルティにはなりませんが、空振りした分は1打としてスコアにカウントされます。

打つ意思がない空振り、つまり素振りの時はスコアにカウントされませんが、素振りでもボールに当たってしまったら1打としてカウントされます。(素振りだからといってやり直しは出来ません)

注).上の【シチュエーション1】のように、ティーショットの時は例外で、やり直しができます。

5.バンカー内の砂にクラブが触れる😭・・・2打罰


バンカーに入ったボールを打つ時に、クラブを構えたり素振りをしたりなどボールを打つ前にクラブで砂に触れる2打罰になります。

もちろんですが、アドレスの時にフェアウェイでは地面にクラブを置きますが、バンカー内ではペナルティを受けます(;_;)

初心者のゴルファーがやりがちなミスなのでご注意ください!!

いかかでしたか❓❔

今回の5つだけでなく、こんな場合はどうなんだろう(?_?)って思ったのも、ご自身で調べてみるのもいいと思います 😛

 

では、(^^)/~~~

 

 

 

 

 
LINEで送る
Pocket