みなさん  今年もよろしくお願い致します。

2017年最初のブログは、ゴルフの基本中の基本「マナー」についてです。

みなさんマナーというと「堅苦しい」イメージがあると思いますが、そうではなく、みなさんが気持ちよくプレーするための「心構え」のようなものです。

「心構え」良ければ、「スコア」も良くなります。まず基本的なマナーとして次の5点に気をつけましょう。

基本的なマナー

1.時間厳守 ~スタート時間は集合時間ではない

スタート時間の1時間前(少なくとも30分前)にはゴルフ場に到着して、余裕を持って着替え・ウオームアップ等スタートまでの準備をしましょう。

そして10分前にはティグランドに到着するようにして下さい。

また万が一スタート時間に間に合わない場合は、早めにゴルフ場に連絡しましょう。

2.スロープレーは絶対に禁止~ハーフ最低2時間15分以内

ゴルフ場では、自分たちの組だけでなく前後の組もそうですし、多くの方がゴルフを楽しんでいます。

自分たちのプレーが遅くなってしまうと、他のプレーヤーを待たせることになり、迷惑や嫌な思いをさせてしまいます。

「スロープレーは絶対禁止」「プレーファースト」を心掛け、前の組との間隔をあけないようにしましょう。

基本的なプレーファーストの5ヶ条をご紹介します。

  1. 次に使うクラブをあらかじめ2,3本持って、ボールのある場所に速やかに移動しましょう
  2. 自分の打つ番が来る前に、次に使用するクラブを決めておき、素振りは1回までにしましょう
  3. 移動する時、歩いたほうが早い場合は、カートに乗らず歩いていきましょう
  4. グリーンに上がったら、同伴者全員のパターをもっていきましょう
  5. ホールアウト後の動きは、テキパキと速やかに移動しましょう

3.プレーをする人の邪魔をしない

大声でしゃべったり、大きな物音をたてたり等、他のプレーヤーの迷惑になる行為はマナー違反です。

同伴者がアドレスに入ったら(ショット・パターに関わらず)しゃべらない、足音をたてない等、音をたてないよう気をつけましょう。

またカートで移動する際も、他の組のプレーヤーがアドレスに入った時は、カートを一時止めて、打ち終わるまで待ちましょう。

特に、携帯電話の使用は注意して下さい。ラウンド中は常にマナーモードにして、通話はプレーヤーが近くにいない所でしましょう。

4.喫煙場所

基本的にコース内ティーグラウンド以外は、禁煙となっています。クラブハウス内も禁煙のゴルフ場がほとんどなので、愛煙家の方は喫煙場所を確認しておきましょう。特に、ティーグラウンドでの吸い殻の置き忘れにご注意下さい。

5.服装

ゴルフ場での服装は、男女共に襟付きの上着と長いズボンが基本となっています。最近は、夏場ショートパンツやミニスカートを履く方もおります。ただ林や茂みに入った場合のことを考えるとロングパンツがお勧めです。

NGな服装はTシャツ、ジーンズ、ジャージ、サンダル等です。ゴルフ場によっては、これらNG服装のお客様には入場をお断りする所もあります。コース内だけでなくコース敷地内でも服装マナーを守りましょう。

グリーン上でのマナー

グリーンは「ゴルフ場の顔」といえる場所で、ゴルフ場が最も大切に管理しているところであり、また芝を短く刈っているので、デリケートな場所でもあります。 
このグリーン上でのマナーについてご紹介します。

1.ボールマークを直す

ボールがグリーンに乗った時にできるボール跡のことを「ボールマーク」といい、グリーンフォークで芝を平らに直して下さい。

自分のボールマークでなくても直すように心掛けましょう。

2.走らない

芝を傷つけてしまう為、グリーン上では静かに歩くようにして下さい。バーディーパットが決まって興奮しても、飛んだり跳ねたりしないで下さい。

3.ラインを踏まない

同伴者のパッティングライン(カップまでの通り道)をチェックして、踏まないよう気をつけましょう。踏んでしまった場合は、パターのヘッドで軽く叩き平らに直すようにしましょう

バンカーでのマナー

好きな人はあまりいないバンカー、、、嫌でもマナーはしっかり守って下さい。

・低い所から入る

バンカーに入る時は、急斜面になっている高い所は危険ですので、必ず土手の低い所から入りましょう。また高い所から無理に入ると、土手の砂が崩れて、ならすのにさらに時間がかかってしまいます。

・レーキを使ってならす

バンカーの脇においてある道具「バンカーレーキ」、これを使ってショットの跡や自分の足跡をキレイにならしましょう。

またレーキは使い終わったら必ず元にあった場所に戻して下さい。

 

以上、基本的なマナーについて紹介していきましたが、まだまだたくさんあります。

みなさんが「自立したゴルファー」になるために、その他の「マナー」、さらには「ルール」についても掲載していきます。

では  次回。

LINEで送る
Pocket