みなさん  こんにちは

今回は、先日極寒の中行われたラウンドレッスンの模様です。

この記事は、約3分で読み終えることができます。

【埼玉のゴルフスクールImpact ゴルフレッスン便り】

真冬のラウンド編

お客様は「長谷川さん」 😀 ☆彡

今の課題は、「ユーティリティーが練習場のように上手く打てない 😥 特につま先下がり」

スコアメイクができない(T_T)」このことを改善できるようにラウンドしました 😆

 ※1番ホールのティーショット。この後ボールの行方は、、、??

まずは、長谷川さん110を切れていないレベルなので、「各ホールプラス2打」を目標に1ホールずつスコアを意識して回ることにしました 🙂

PAR3では5打でパー、PAR5なら7打でパーという風にですね 😛 18ホールだと108で110切れます(^o^)

PAR4では6打で🆗ですから、まず3打でグリーン近くまで運び、残り3打でカップインというシナリオを繰り返していきましょう 😛

この時、例えば「9打」でカップインして「2打借金した」としても、「この後のホールでこの2打を取り戻そう」と思わないことが大事です☝

逆に「5打」でカップインして「1打貯金した」場合も、「1打貯金があるから1回ミスしてもOK」と思ってはいけません🙅

まずは1ホールずつスコアを意識して回ることが大事で、この考え方を癖に出来るとゴルフが上手になります(^^)

この他に色々言いましたが、長谷川さん覚えてますか??頭整理できました??(^_^)(ここに書いてあることを後で見返してもらうでも充分ですからね 😛 )

次は、ユーティリティーに限らず、2つの斜面にどう対応するか?「つま先下がり」「つま先上がり」の場合(^_^)

まず、斜面だからパターン化して覚えるのではなく「自分の足元とボールの高さがどうなのか?」と考えることがまず大事です。

「つま先下がり」は自分の足元よりボールが低い位置にあるので、トップしやすいですよね。

ですから、平地のときより「ダフる」(ボールの下を打つ)意識が必要です 🙂

アドレスでは、平地の時と同じ手首の角度(ライ角)を保ち、どちらかと言うとスタンスを広くし、ひざをさらに曲げて構えます。

 ※つま先下がりのアイアンショット。さらに寒くなってきました(T_T)

同じく足元よりボールが低い状況は、ラフに沈んだボールの時平らなフェアウェイでもボールだけ低い場合の時ですね 🙂

また「つま先上がり」は自分の足元よりボールが高い位置にあるので、ダフりやすいです。

(細かく言うと厚く入る)ですから、「トップする」(ボールの上を打つ)意識が必要です 😛

アドレスでは、平地の時と同じ手首の角度(ライ角)を保ち、どちらかと言うと前傾が浅くなって構えます。

同じく足元よりボールが高い状況は、フェアウェイバンカーの時やラフでもボールが浮いている時ですね

今回の斜面の対応はイメージ中心ですが、アドレスでは、斜面のときでも、平地の時と同じ手首の角度を保つことがポイントです。

※ライ角:地面とクラブシャフトが作る角度のこと。(ここではわかり易く手首の角度としてます)

 

冬のラウンドは、他の季節と比べて条件は厳しく、10打くらいプラスになる方もけっこういます(T_T)

これにめげずに定期的にラウンドして、1つずつ課題をクリアにしてみてください♬春には笑顔です\(^o^)/

本当に寒い中、お疲れ様でしたm(_ _)m

LINEで送る
Pocket