東京・埼玉のゴルフスクール 無料体験レッスン実施中
ブログ

【どっちが良いの!?】ダウンブローとレベルブロー

みなさん  こんにちは(^^)
今回は、ゴルフ理論「どっちが良いの!?」シリーズです🎌
ダウンブローとレベルブローについてお伝えしていきます✨

この記事は、約4分で読み終えることができます。

ボールに対して上から入れるか、横から入れるか。

ダウンブローって何!?

ゴルフ雑誌やレッスン動画を普段から見ている方は、ご存知だと思います🙇
「ダウンブロー」とは、ゴルフスイングの最下点をむかえる前に、ヘッドがまだ下降している途中にボールに当たることを言います✋

よく「ボールを上から叩きつける」「ボールをと上からつぶす」などと雑誌などでいいますが、そうではありません🙅
実際の「ダウンブロー」は、ボールを真横から打つ時のように、「緩やかにヘッドが下降しながらインパクトする」ことを言います☝

クラブヘッドが最下点をむかえる前にボールに当たる「ダウンブロー」

レベルブローとは!?

一方「レベルブロー」とは、クラブヘッドが最下点に達した時にボールに当たることを言います💡
「ボールを払うように」とか「ボールを真横からとらえる」ような言い方をしますね👀

ダウンブロー・レベルブローの特徴

ダウンブローの長所

  • ボールに直接当たるので、クリーンに打つことができる👍
  • バックスピンがかけやすく、ボールを止めやすくなる😄
  • クラブのロフトが立つので、ロフトどおりの飛距離が出る✨

    アイアンはダウンブローが一般的です

ダウンブローの短所

  • バックスピンの量が多くなるので、向かい風の時に飛距離をロスしやすい💦
  • ボールに対してアウトサイドイン軌道になりやすいので、ドライバーではテンプラがデやすい💨
  • フェアウェイウッドでは低い球が出やすく、ボールも右に行きやすい😅

レベルブローの長所

  • バックスピンの量が少なくなるので、向かい風の時に飛距離をロスしにくい😁
  • フェアウェイウッドではインパクトのタイミングを取りやすく、ボールを捕まえやすい⤴
  • 芝の中で浮いているボールつま先上がりのライでは打ちやすい👌

    ウッドはレベルブローですね

レベルブローの短所

  • ボールを直接打ちにくくなるので、長いラフやベアグラウンドなど難しいライではミスしやすい😵
  • ボールとヘッドの間に芝が入りやすくなるので、ボールを止めにくくフライヤーも出やすい💨
  • ボールに対してインサイドアウト軌道になりやすいので、ショートアイアンやアプローチはダフりやすい💢

ダウンブローとレベルブローどっちが良いの!?

どちらも良い。

ダウンブローとレベルブローですが、どちらも長所と短所があるように、どっちが良いとは言えません☝
アイアンがダウンブローになりすぎてボールのコントロールがつかない人には、レベルブローが良いでしょうし😄
逆にウッドがレベルブローなのにダフってばかりいる人には、ダウンブローが良いと思います💃

DSC_1190

一般的には、アイアンはダウンブローウッドはレベルブローが主流になっています☝(ちなみにドライバーはアッパーブロー

スイングは同じでボールの位置を変えるのが良い!?

また下記のように、状況に応じてダウンブローまたはレベルブローにする時がありますが、

  • 長いラフ、ベアグラウンド、つま先下がり    ⇒ダウンブロー
  • ラフに挟まれて浮いているボール、つま先上がり ⇒レベルブロー

スイングは特に変えずに、ボールの位置を変えていくのが一番良いと思います☝
(ダウンブロー:スタンスの中央から右寄り、レベルブロー:スタンスの中央から左寄り)

 

いかがでしたか、次回も様々な理論についてお伝えしていきます💡

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket

PAGETOP