みなさん  こんにちは(^^)

今回は、埼玉のゴルフスクールImpactのレッスン風景です。

初心者の方にどのようなレッスンをしていくのか紹介していきます。

この記事は、約4分で読み終えることができます☝

埼玉のゴルフスクールImpactのレッスンを公開!!

今回は、初心者女性の方です🔰

1.まずは、会話をしながら

今回の初心者のレッスンは、「Yさん」女性の方です✨

まずは、「過去に何かスポーツをしたことがあるか?」「現在、ケガをしているか?」

「以前に大きなケガをしたことはないか?」など質問していきます👂

Yさんは、バレーボール経験者で、特にケガはないそうです🆗

DSC_0829

また、「ゴルフは初めてですか?」「クラブを握ったことはあるか?」などゴルフの経験についても、聞いていきます⛳

Yさんは、以前に練習場に2回くらい行ったことがあるそうです。あまり当たらなかったそうで、、、(^_^;)

2.はじめは基本のグリップから

さて、レッスン開始です。
最初は、とても大事な「グリップ」、クラブの握り方からです👍

☝むずかしい専門用語は使いません

女性なので、「右手の小指と左手の人差し指をからませるように」握りましょう🔰

「インターロッキンググリップ」など難しい専門用語は使いません🆖

DSC_0610

☝出来なくても構いません、まずは理解してもらうこと。

まずは、大事なポイントを説明です。

出来なくても構わないので、言っていることを頭で理解することが、上達の第一歩になります⤴

「グリップの根本から1センチ位余して握る」「左手の小指・薬指・中指の3本の指をしめるように」

「左右の手の平が向かい合わせになるように」などを説明していきました☺

Yさん、グリップの形良くなってきました(^o^)

3.次はアドレス、構えです

ゴルフは、自分で力を溜めて(勢いをつけて)、止まっているボールを打ちます。

この「力を溜める」のに、アドレス(構え)が不安定だと、ボールを飛ばすどころが当たらなくなってしまいます👀

Yさんも不安定なアドレスでしたので、当たらなかったのでしょう😅

「背筋を伸ばして肩幅で立ち、お尻から頭のうしろまで一直線にする」「クラブを太ももの付け根にあてて、丁寧なお辞儀をする」

この状態で軽くひざを曲げる」「手元は肩から真下にくるように」などアドレスで大事なポイントを伝えました✨

DSC_0631

☝なんとなく、こんな感じで良い。

スイングもそうですが、アドレスも自分で確認することがなかなか出来ないので、感覚での話になります。

自分の体と会話をするように、「何となくこんな感じで」行ってみて下さい💡

DSC_0835

Yさん、猫背だったアドレスがだいぶスッキリしてきました(^o^)/

4.さあ今度は体を動かしてみましょう

クラブの握り方・構え方ができたら、体を動かしてみましょう。

クラブを2本背骨と両肩に添えて、「背骨を中心に肩をまわしましょう」

「両ひじをなるべく動かさないようにしましょう」など体の動かし方を説明していきました☺

DSC_0641

☝原因は人によって違う、アドバイスも違う

Yさんは、クラブを後ろに引く時に、「手だけで後ろに引く」「丁寧にお辞儀した上体の角度が変わってしまう」

の2点が改善ポイントです🔑

この原因は、「構えでつま先に乗りすぎ」「ボールをじーっと見すぎ」の2点だと分かりました👀

「土踏まずに乗せる」「ボールを上から見る」のアドバイスで見違えるようになりました✨

5.実際にボールを打ってみましょう!!

さあこの2点に気をつけて、実際にボールを打ってみましょう。

もう大丈夫ですよ!必ず当たります!!

まずは、7番アイアンでの動画です。打った後のYさん「当たったー❗❗」必見です☝

良かったですね\(^o^)/

次は、ドライバーです。

こちらも問題ありません💪

6.おさらい

今日レッスンしたきた内容をもう一度、大事なポイントを繰り返して話していきます☺

最初聞いたよりも、「どれだけ大事なのか」理解度が変わってきます⤴

1つでも多くのものを持ち帰って頂く

今回のYさんは、「アドレスがどれだけ大事なのか」というのが分かって頂けたようです💡

その他、細かいところも今度ご自分で練習する時に、思い出して欲しいです。

 

それでは、お疲れ様でしたm(_ _)m

LINEで送る
Pocket