みなさん  こんにちは(^^)

今回は、お悩み・ミスショットを解決していきます。

テーマは、「アップライトスイングを矯正する」です。

この記事は、約5分で読み終えることができます。

いわゆる『縦振り』のアップライトスイング

 

アップライトって何!?

アップライトは英語でuprightと書き、意味は『直立している、またはその状態』となります。

ゴルフでは、スイング軌道が地面に対して垂直に立っている状態のことを「アップライト」と言います。

アップライトにスイングすることを「アップライトスイング」といい、

地面に対して垂直(縦)に上がるので「縦振りスイング」とも言われます。

アップライトスイングの特徴

アップライトスイングの特徴は、クラブを縦に上げるので「トップの手(クラブ)の位置が高い」、

クラブを縦に上げるアップライト

「右脇が程よく空いている」または、「右ひじの位置が高い」のが特徴です。

クラブを縦に上げるので、「インパクトゾーン」(クラブが直線的に動く範囲のこと)が長くなり方向性が良くなります。

トップの位置が高いので、ダウンブローに打ちやすくスピンのきいたアプローチが打つことができます。

アップライトスイングは良いことばかりではない!?

しかし、クラブを手で上げやすいので、「アウトサイドイン軌道」になりスライスが出やすくなります。

また、体と手(またはクラブ)の同調がしづらいので、手打ちになりやすくタイミングも悪くなることもあります。

さらには、トップで左手首が甲側に折れることもあり(甲側に折れるとクラブフェースが開いてしまう)、

左手首が甲側に折れているトップ

特にフェアウェイウッドでは、スライスどころかボールがあまり前に飛ばないこともあります。

アップライトスイングを矯正する3つの方法

1.両脇にヘッドカバーをはさんで、体と腕を同調させる

アップライトスイングは腕(またはクラブ)を縦に上げるので、両脇が閉まらない状態になります。

特にトップでは右脇がかなり空いてしまい、アップライトすぎてスライスの原因になります。

これを矯正するには、アドレス時から両脇にヘッドカバーをはさんで、

ヘッドカバーでなくタオルを挟んでも結構です。

ハーフスイングまたはスリークォータースイング(フルスイングの3/4の大きさ)でボールを打つ練習をしていきます。

慣れてきたらヘッドカバーを外して、脇がしまっている感覚でスイングをしてみましょう。

2.『横振り』、フラットスイングを意識する

次はアップライトスイングの真逆である、フラットスイングをして矯正します。

2-1.頭の高さより上に上げない

まずアドレス時から、頭の上に「頭がぶつかるくらいのスレスレの天井」をイメージします。

バックスイングからトップ、ダウンスイングからフィニッシュまで、

クラブヘッドが「この天井」にぶつからないようにスイングします。

2-2.膝立ちでドライバーのティーアップ打ち

まずは肩幅程度で両膝立ちをして、ドライバーを握ります。

膝立ちの状態なので、通常の構えよりもドライバーのトウ側は浮き・シャフトも水平になります。

この状態で、ティアップしたボールを打っていきます。

手元(またはクラブ)を肩より上にあげて打つとダフリかトップしてしまうので、

「横振り」にするしかなくアップライトスイングが矯正できます。

2-3.前傾なしの横振りスイング

まずは前傾なしの直立した状態で、クラブを持って構えます。

このまま横振りのイメージで素振りをする

前傾した時と違って、クラブのシャフトがほぼ水平になっていると思います。

この状態で素振りを繰り返して、「横振りスイング」のイメージを埋め込みます。

いつものように前傾した時も、同じように「横振り」のイメージでスイングしてみましょう。

アップライトスイングが徐々に矯正されるはずです。

3.右腕の動きをマスターする

スイングがアップライト過ぎると、クラブの重みが左手に乗りやすく右手が上手く使われません。

これを矯正するには、右手一本でクラブを握りながら右手の動きを意識すると良いでしょう。

女性の方などクラブが重く感じる方は、左手を右ひじか右肩に添えてスイングして下さい。

肩でも肘でもやり易い方で構いません。

バックスイングでは、手で始動することができず体と同調ができて、

右手の平と右ひじでクラブを支えている感覚を養うことが出来ます。

焦りは禁物!?時間をかけて確実に

いかがでしたか、スイング改造に焦りは禁物です。

結果を急いで、無理やりに横振りの「フラットスイング」にするより、

時間はかかりますが、体と同調したスイングにしていく方が、確実で間違いはないでしょう。

埼玉のゴルフスクールImpactにおまかせ下さい。

アップライトスイングの修正だけではありません。

埼玉のゴルフスクールImpact(インパクト)は、今回のアップライトスイングの修正だけでなく、

その他ゴルフに関するあらゆる悩みを解決します。

無料体験レッスンご希望の方は、こちらへ「無料体験レッスン

埼玉県さいたま市周辺・川口市周辺の方注目です。

ゴルフレッスンなら埼玉のImpact(インパクト)は、さいたま市・浦和周辺の方は、「さいたま・浦和校

川口市周辺の方は、「川口・草加校」へお越し下さい。

 

最後まで読んでいただき、有難うございました。

LINEで送る
Pocket