みなさん  こんにちは(^^)
今回は、「アプローチの極意」です👑
コースで距離感が合わない時にするべきことをお伝えしていきます🎊
この記事は、約4分で読み終えることができます。

日によって変わるアプローチの距離感

いくら上手くなっても距離感が合わない時がある!?

セカンドショットでグリーンに乗せられなかったが、幸いにも花道にあるボール😄
できれば、ピンにピッタリと寄せてパーを取りたいところですね💡

いつも通り打っているのに寄らない時ありますよね?

いつも通りの振り幅や感覚で打ったつもりなのに「オーバーしすぎた」、または「ショートしすぎた」ことあると思います😅
こういうミスは初心者などのゴルファーだけではありません、上級者やプロだって起こるのです☝

アプローチの打ち方が良いからではない!?

しかし上級者やプロは、ミスしたら次のアプローチでは同じミスはしません👀
前のミスを踏まえて、次のショットでは上手く修正してくるのです✋

しかし上手く調整できないゴルファーは、アプローチでもスイングの悪い点を振り返りそれを直そうとします💨
コースでスイングをすぐ直していくのは、とても難しいことです🆖⤵

難しいことをせずに簡単な方法で修正していく。

上級者やプロはそれを理解しているので、スイング(打ち方)を直すのではなく「アドレス」「イメージ」を変えてくるのです😄⤴
それでは、一般ゴルファーでも真似できる修正方法をいくつか紹介していきます👍

アプローチの距離感が合わない時にすべき5つのこと

1.グリップを変更する

アプローチの距離感が合わない理由として、コースのアンジュレーションに惑わされているのも考えられます💡
本人が思っているよりも上り傾斜がきつかったり、反対に下りがゆるやかであったりということです💫

まずは、思ったよりもオーバーしたら「飛ばない打ち方」をし、逆にショートしたら「オーバーする打ち方」に変えればよい訳です☝
オーバーしたらいつもより「ウィークグリップ」(写真左)にして、ショートしたらいつもより「ストロンググリップ」にしましょう👍

ウィークグリップは手首の動きを抑えられるので、ボールが飛ばなくなりますし転がらなくなります✋
反対にストロンググリップは手首の動きが大きくなるので、ボールは飛びランも出ます(転がる)👐

2.スタンス(足幅)を変更する

グリップをコースでいきなり変更して違和感がでる方は、このスタンスを変更すると良いでしょう🆗

いつもよりオーバー気味の場合は「スタンスを小さく」し、ショート気味の場合は「スタンスを大きく」します⤴
アドレスでスタンス小さくすると振り幅が自然と小さくなり、思ったよりもオーバーしなくなるのです😄

コースでどうしても距離感が合わない時に行う調整法として、一番簡単な方法でしょう👍

3.クラブまたはクラブを持つ長さを変える

これもスタンスを変更すると同様に、あまり違和感なく打てる方法だと思います😄

いつもよりオーバー気味の場合は、「クラブを1番手下げる」または「クラブを持つ長さを短くする」と良いです💡
ショート気味の場合は逆のことを行って下さい。

DSC_1038

ただし、変更する時に「ボールの位置」「前傾姿勢」が変わらないように気をつけて下さい✋

4.イメージを変える

これはアドレスとか体のことではなく、頭の中のイメージを変えていきます☝

いつもよりオーバー気味の場合は、「カップが手前にあるつもりで」落とし所をいつもより手前にしていきます💡
反対にショート気味の場合は、「カップが奥にあると思って」イメージを変えて距離感のズレを修正していきます✋

素振りをしながらイメージを変えていきます

これは実際に目に見えているものではないので、できるできないの差がハッキリ出てしまいます☝
すぐにできないとか、できそうにない人はやめた方がいいでしょう。

またこの方法は、「カップが奥にある・手前にあるつもりで」などとパターの場合にも使われますね😄

5.3段階の素振りをする

4の場合のように自分が打つ球のイメージそのものがでない場合は、この3段階の素振り「オーバー・ショート・ちょうどいい」をすると良いでしょう😄
これは初心者~中級者、または普段コースを回る機会が少ない方にオススメの方法です🆗

まずは「オーバーする」つもりで素振りをし、次に「ショートする」つもりで素振りをしましょう😁
この2種類の素振りをすると「ちょうどいい中間の距離」がイメージしやすくなります⤴

DSC_0267

この「ちょうどいい感じ」が出ない場合は、「オーバー」「ショート」の素振りを極端に行って下さい✋
このやり方も、パターでは有効だと思います☝

いかがでしたか、これでアプローチもレベルUP間違いなしですね⤴👍
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

では、(^_^)/~

 
 
LINEで送る
Pocket