みなさん  こんにちは(^^)
今回は、スコアメイクの鍵となる「自分の実力を知ること」をお伝えしていきます 😆 
この記事は、約5分で読み終えることができます☝

自分の実力を知ること

ゴルフでスコアメイクの鍵🔐となるのは、自分の実力をどれだけ知るかにかかってます👀
つまり、「出来ることと出来ないこと」を自分でしっかりと把握しているかということです❗❗

フェアウェイが狭いこのホール、あなたに「できること」は?

出来ないことはしない

PAR5のロングホール⛳の第2打、左足下がりなのにスプーンで2オンを狙ったり、ティーショットが林の中に入ったにもかかわらず、わずかなすき間を通してグリーンを狙ったりと、イチかバチかでプレーをする方が結構いらっしゃいます😅

1発のギャンブルショットに期待するのは楽しいと思いますが、これでは全くマネージメントが出来ておらず、スコアメイクはかなり難しくなります💦
「出来ないことはコースではしない」ことが、スコアメイクの鍵になります🔑

「自分はこれならできる」を把握する

よくコースでも、練習場でも「出来なかったこと」を反省して、それが出来るようにいろいろと取り組むと思います✋
時間をかけて、その「出来ないこと」を克服して、「出来ること」にしてからコースでプレーするのならいいと思います🆗
しかし、「できるできない」も知らずに、「プロの真似をしたり」「カッコイイからと」プレーをする方がたくさんいます🆖

まずは、「できること」しっかりと把握することが大切です☝
例えば、「ドライバーは、飛距離を求めずに約6割くらいの力加減で、とりあえず2打目が打てるところへならできる👍」とか、「バンカーは、アゴが高くなければ出すことはできる👍」、「アプローチで30ヤードまでならグリーンにのせることができる👍」など、レベルによって違いはありますが、自分に「できること」は必ずあります💡

真ん中のすき間にピンが見えます!!さあ、どうする!?

「できること」でプレーをしていく

そこで「できること」だけをコースでプレーしていくことが、スコアメイクには非常に大事なことです❗❗
テレビ中継で観客を沸かせるトーナメントプロも、ギャンブルショットはしてません。何度も練習を重ねて、「できること」を行っているだけです✨

次回のラウンドでは、試しに「できること」だけでプレーしてみて下さい。それだけでも、スコアアップする方結構いると思います⤴
「これがしたい」「できるかもしれない」など、願望とか期待とは違うので、ご注意下さい⚠

もちろん、コースに出て「できること」をすべて行えば、すべて「良い結果」ではありません☝
しかし、トラブルになった場合には、「できること」だけ行えば、大叩きは回避できます👌ミスがミスを呼ぶということは、まずありません🆗 【バンカーは、アゴが高くなければパターでも良いんです。】
また、「できること」だけ行う姿勢は、「不安」とか「マイナスイメージ」という感情を寄せつけませんので、自信をもってプレーすることができます⤴
気分よくポジティブにラウンドできれば、スコアアップするのは言うまでもありません✨
みなさんも普段のライフスタイルや仕事でも、「できること」だけをつみ重ねていますよね😄

反省会でも「できること」を

「できること」を振り返る

ラウンドの後に、お酒を飲みながらその日のプレーを振り返る方が多いと思います🍻
その日のプレーを振り返ることは、とても大切になります🎶
ですが、ほとんどの方が「ナイスショット」か「とんでもないミスショット」だと思います😅

当たり前に打てた「できること」は、なかなか振り返ることは難しいと思います☺
この「できること」を反省会で1つ残さず振り返り、次のラウンドでまた「当たり前にできる」ことがまず大事です🔑

また、この「できること」少しずつバージョンアップ⤴して、新たな「できること」で「とんでもないミスショット」を減らしていきます😄
このバージョンアップ⤴を繰り返して、「ナイスショット」につなげていくのです☝

「できること」を褒め合う

「○○さん、パターでは必ず2パットだね😄」「○○さん、セカンドはバンカーに入れないよね😆」「○○さん、ドライバー右にいかないよね😁」「○○さん、バンカーは1発で脱出するよね😋」「○○さん、アプローチは必ずグリーンにのせるよね😃」などなど

反省会は、「ミスショット」を反省せずに、当たり前に「できたこと」を仲間どうしで褒めあって下さい☺

では、(^_^)/~

 

LINEで送る
Pocket