みなさん  こんにちは(^^)
今回は、「ゴルフ脳を鍛えよう」シリーズです 😛

スコアアップに欠かせない考え方をお伝えしていきます☝

この記事は約4分で読み終えることができます。

すべてのショットが失敗することはない

ゴルフはミスするスポーツとよく言われます👀

しかし、18ホール回った時に「すべてのショットがミス」になってしまう人は、まずいないでしょう😌

すべてのショットを上手く狙い通りにとまでは言いませんが、

今までと同じショットでそのミスを1打ずつ減らしていくのは誰でも可能です👍

その1打が5打に増え、それが10打に増えたときに100を切れたり、ベストスコアを更新していくのです✨

DSC_0389

考えるだけでも上達する

まず、ミスをして何がいけなかったのか、体の動きが悪かったのかタイミングなのか、クラブ選択なのか狙い目なのか(?_?)

それを考えるだけでも上達していきます⤴

また、上手な人だからゲームプランを考えてラウンドするのではなく、

ゲームプランを考えてラウンドする人が上手になっていくのです🆗

同じ1打でも意味のある1打にしましょう☺

同じ1打でも重さが変わる

例えば、あなたが使っているボールが1個1円のボールだったとしたら、

OBを打って失くなったとしても大してショックではないと思います😅

しかしそれがもし1個1万円💦のボールならどうでしょうか?

かっこ悪くてもいいから、なんとしてもOBを打たないようにとか、池に入れないようにしますよね。

この考え方がゴルフのスコアアップに大きく関係しています💫

どの場面、状況でも1打は1打すべてのショット・パットに意識を持つことがとても大切になります❗❗

300ヤードのドライバーと30センチのパットは同じ1打

パット イズ マネー

ところで、ラウンドする時にパット数🔢を数えていますか?ついでにアプローチの数も数えていますか?

18ホールでスコアの約40%がパット数になり、アプローチも含めると約60%になります📊

ドライバーは、ショートホール以外全て使ったとしても14回、パターは毎ホール、しかも2回以上打つことが多いですね。

プロでは「パット イズ マネー」(パターは金なり)と言われますが、これはアマテュアゴルファーにも当てはまります🔔

特に初心者、100切り、90切りを目指す方は、パッティングを磨くことがスコアアップの秘訣になります🔑

仮に108のスコアで平均3パットでまわる人が、平均2パットでまわったとしたら、スコアは90になります。

300ヤード飛ばすドライバーを何発か打ったからといって、スコアが良くなるでしょうか?

コースでは、すべての1打が同じ価値をもっていることを忘れてしまいがちです。

「入って当たり前の30センチのパター」と「気分爽快な300ヤードのドライバー」はスコアで言うと「ただの同じ1打」です☝

ですから、スコアの40%を占めるパターは、全体の練習時間の40%しないといけないですよね😅

DSC_0394

ナイスショットとミスショットも同じ1打

さらにいいますと、100切りを狙っている人が、

18ホールで5回のナイスショットを10回になるように必死に💦なって練習するよりも、

95回のミスショット(小さなものから大きなもの)までを改善していくことが、明らかにスコアは良くなります✨

「ナイスショット」と「ミスショット」も同じ1打です☝

「ミスショット」から目をそらさず、1つずつ減らしていくことを楽しんで下さい😄

では、(^_^)/~

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket