みなさん  こんにちは(^^)

今回は、「ゴルフスイングのせつめい」シリーズです✨
その1『アドレス編』に続いて、バックスイングをお伝えしていきます😄

この記事は、約4分で読み終えることができます。

パワーを溜める動作『バックスイング』

ゴルフは止まっているボールを打つスポーツです⛳
このため、身体をねじることでボールを打つためのパワーを溜める必要があります🆙

DSC_0488

パワーを溜めるには、飛球方向とは逆に(後ろに)クラブを引くので、この動作のことを「バックスイング」と言います☝
または、テイクバックとも言われます。

1.まずは始動から

一般的なバックスイングでは、手元始動ではなく、右肩を後ろに引くとか、上半身を回すなど身体主体のイメージが主流となっています👀

手首・腕・両方のラインが作る「三角形」の形をくずさないように、背骨を中心に前傾した上半身を回転していきます🔎

左ひじは伸ばしたまま

左ひじは伸ばしたまま上半身を回転すると、自然と右手のひじが曲がっていきます💡
一方、下半身はアドレスのままひざが前を向いた状態をキープし、なるべく動かさないようにしていきます💡

DSC_0941

上半身の動きと連動して股関節が動き、骨盤が(上半身と同じ方向に)回転していきます🔗
股関節が動くことで、右ひざも少し伸びる動きをしていきます⤴

2.自然に入るコック動作

上半身を回転し手元が右腰付近をすぎて右肩付近にくると、右ひじとともに右手首も自然と親指側に曲がっていきます🔎

コックって何!?

この手首が親指側に曲がっていく動作を「コック」と言います。(またはコッキング)

人によって違いはありますが、このあたりからコックは入っていきます

日常生活で、トンカチで🔨釘を打つ動きに似ています。
トンカチを持ち上げる時は、手首を親指側に軽く曲げてから釘を打つと思います🎶

こうすることで、腕の力をあまり使わずにトンカチの重みを上手く使って、釘を力強く打てるはずです💪
逆に手首を曲げずに行うと、トンカチの重みを使えずに釘を力強く打てないと思います😅

コックを使うとヘッドスピードが上がる!?

ゴルフもこの動きと同じで、クラブの重みを使ってヘッドスピードを出すことができます⤴

また、コックをすると腕とクラブが一体になりやすく(身体とではない)、特に初心者や女性の方は、クラブを持ち上げやすくなります🆙

3.右ひじの外側は常に下を向いている

手首の動きとともに大事なのが、右ひじの動きです☝

アドレスから右ひじの外側が下に向いていると、体の動きと連動しやすく自然と右ひじは曲がっていきます🆗

右ひじの外側が下に向いていると体と連動しやすい

4.バックスイングの注意点

下半身も一緒に回さない「ドアスイング」

バックスイングはパワーをためる動きなので、上半身とともに下半身も一緒に回転してしまうとエネルギーは発生しません⤵
エネルギーが発生しないどころか、下半身を使えないスイングになるので、ナイスショットは望めません😵 ※一見良さそうに見えますが、ベルトが胸と同じ方向を向いています🆖

このことを「ドア🚪が開く動き」に似ていることから、専門用語で「ドアスイング」とも言われます🔎

上半身と連動して下半身は少し動きますが、できるだけ動かさないのが理想です☝

下半身を横にズラさない「スウェイ」

この動きは、知っている方多いと思います。

右打ちのゴルファーが、バックスイングで右ひざから腰の部分が、目標方向と反対に(右側に)流れてしまう動きのことを言います😅
この体の軸が右にズレてしまうことを「スウェイ」と言います☝

DSC_0622

体の軸が動かないように、右足でしっかりと受け止める必要があります👀

右ひじを外側に曲げない「チキンウィング」「手羽先スイング」

スイングの始動で手元が先行して動いたり、また腕や指に力が入っていると、バックスイングで右ひじが外側に曲がりやすくなります😅
このことを鳥🐔の羽根に似ていることから、「チキンウィング」とか「手羽先スイング」とも言われます。

右ひじが外側に曲がるとクラブの軌道がズレる

この右ひじが外側に曲がると、クラブヘッドの軌道がズレたり、クラブフェースの角度も変わりやすくなり、ミスショットの原因になります🆖

ミスショットの約8割

バックスイングで決まる!?

一般的にミスショットの約8割が、アドレスを含めたバックスイングにあると言われています👀

また、バックスイングでゴルフスイングが決まるという程、大事な動作になります🔎

注意点も含めて、正しいバックスイングを身につけていきましょう☝

 

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket