みなさん  こんにちは(^^)
今回は、好評だった「ゴルフ噂話」についてお伝えしていきます🎊

この記事は、約5分で読み終えることができます。

その話聞いたことあるけど、、、

1.練習場のボール(レンジボール)って飛ばないって本当なの!?

長年ゴルフを経験している方ならご存知のこの話、「レンジボールは飛ばない」というのは間違いないでしょう👍
また、練習場でご自分のコースボールを打って、飛距離と弾道の違いを体感された方もいると思います😄

DSC_0510

コースボールとレンジボールは用途が違う!?

この理由は、コースボールとレンジボールそれぞれに別の用途があるからです☝

まず、コースボールはゴルファーに合わせて、ボールを止めたい人には「スピン量重視」のもの、飛距離を出したい人には「飛距離重視のもの」とあります👌
コールボールには、ボールが長持ちするような「耐久性」は持ち合わせておりません😄

そして、練習場のボールは練習場の採算に合わせて、ボールを長持ちさせるために「ボールの耐久性を良くする」、ネットの破損を危惧して「ボールの初速を抑える」などの目的となっています💡
また、飛距離重視の「多構造」と違い、レンジボールは「ワンピース構造」が主流で、コストも抑えられます👀
つまり、コースボールに比べて「飛ぶボール」ではないのです☝

DSC_1184

レンジボールは距離感に注意!?

このように、コースボールとレンジボールは全くの別物なので、特にタテの距離感に注意が必要でしょう☝
ボールによって違いますので、具体的に「○ヤード以上から○ヤードの距離の差がある」とは言えませんが、グリーン周りのアプローチは大きな差はないと言えます✨

ミドルアイアン位から距離の差が出ることは間違いなく、ウッドは最低でも10ヤードの差は出ると言ってもいいでしょう👀
レンジボールが飛ばないからって「飛ばそう」とせず、アイアンのタテの距離もレンジボールの距離を「鵜呑みにする」のはやめた方がいいですね☝

2.ゴルフって心拍数の増減が激しいって本当なの!?

ゴルフは自然の中で行う健康的なスポーツ、打つ時もまわりがとても静かで「心拍数なんて関係ない」と思っている方も多いのではないでしょうか💦😅
しかし、それは全くの誤解でゴルフと心拍数はとても密接な関係があります☝

DSC_0996

ご存知ですか!?ティーショットの時の心拍数

誰でも緊張する1番ホールのティーショット、この時の心拍数は150位まで上昇すると言われています⤴🆙
ショットの後に心拍数は「下がり」、次のショットでまた「上がり」を繰り返すので、他のスポーツに比べて増減が激しいのです⤵⤴

プロゴルファーは心拍数を上げない工夫をしている。

プロゴルファーも同じ人間ですので、1番ホールのティーショットは緊張します💦💦
心拍数が上がリすぎるとプロとはいえ、スイングリズムが崩れミスをしてしまいます😅
しかし、経験と普段の練習から心拍数を上げない工夫をしているのです💡

まずは、ラウンド前に「極力車の運転はせず」に、運転してきても「1時間以上前には到着」して焦らないようにはしています👍
車の運転でスピードを出したり、時間がなくて慌てるだけでも心拍数は上昇しますので、このようなことはまずしていません🆖

DSC_0916

健康で楽しくするためにご注意を。

このように心拍数の増減を繰り返すゴルフですが、高血圧や心臓の弱い方は特にご注意下さい🚫

慌てて走ったり、昼食でお酒を飲み過ぎないように気をつけて下さい🈲
ラウンド中では「水分補給」「深呼吸」を欠かさずに行うと良いでしょう🆗

 

3.「インパクトはアドレスの再現」というが本当なの!?

よく耳にするインパクトはアドレスの再現とありますが、実際は違うと言っていいでしょう😅
下半身と胸(少し)は目標方向を向いていますし、腕とクラブも加速してますので力感も違います👀

DSC_1006

インパクトでアドレスの再現はできない。

強いて言うなら両腕・両手首とクラブの形でしょうか、、、
また、両肩のラインも左足軸(前足軸)なら目標方向ですが、右脚軸(後足軸)の場合は少し開き気味になります👀

腕・手首はアドレスに近い形でしょうが、再現はまず無理と言って良いでしょう❎
実際にボールを打つ時は、「アドレスの再現」というイメージは無い方がいいです☝

インパクトではハンドファーストが正解か!?

先程、インパクトはアドレスの再現とありましたが、ハンドファーストのアドレスならインパクトもハンドファーストがいいでしょう👍
ハンドファーストは「左腕とクラブが1本」になっていますので、アドレスからインパクトまでハンドファーストであるのが理想です☝

DSC_0496

ただしこれは左足軸(前足軸)の場合で、右足軸(後足軸)の場合は、手元とクラブヘッドが同じ位置(ハンドレイトではない)になります🆗
この右足軸の場合も、アドレスの時の腕とクラブの関係は変わらないのが理想です☝

ハンドファーストが正解というより、「ハンドファーストだけが正解ではない」ということですね😄

 

来年もさまざまな噂話、お伝えしていきます✋

では、(^_^)/~

 

 

LINEで送る
Pocket