みなさん  こんにちは(^^)

今回は、「基本的なルール その4」の続編で、バンカー内のルールをお伝えしていきます。

この記事は、約4分で読み終えることができます。

1.バンカー内でクラブが砂に触れてしまった:2打罰

バンカーに入ってしまったボールを打つ前に、

クラブが砂にふれてしまったら「砂の状態をテストした」とみなされ、2打罰❎となります。

ウォータハザード編でもありましたが、実際に打つ時の「バックスイング」でも砂にふれたら、同じく2打罰になります。

このようにクラブを砂につけるだけでもペナルティです

さらにいいますと、砂が凸凹してるので打つ前にレーキ(バンカーをならす道具)で、

バンカーをならしても2打罰ですのでご注意下さい⚠

バンカーショットを打った後なら、砂にふれてもペナルティにはなりません。

2.バンカーショットを空振りしてクラブが砂にふれてしまった:0打罰

実際に打とうとして空振りなので、1の状況のような「砂の状態をテスト」した訳ではないので、ペナルティはありません☝

実際に打とうとしたならペナルティはありません

ただし、空振りの「1打」はスコアに加算されますので、ご注意下さい⚠

3.砂に埋まっていたボールを打ったら自分のボールではなかった:2打罰

砂に埋まっていたボールを打って、グリーンでボールを拾い上げたら自分のボールではなかった、いわゆる「誤球」です。

この場合、2打罰❎のペナルティとなり、自分のボールでプレーをし直すことになります。

誤球での打数は何回打ってもカウントされずに、2打罰のみとなります。

また、誤球された同伴者にはペナルティはつかず、ボールの状態をなるべく元通りにして打ちます。

このようにバンカーでの目玉の場合、確認しないで打ってしまうことがあると思います👀

拾い上げて確認することができますので(当然ペナルティはありません)、目玉の時は確認してから打ってください

4.バンカーの脇にあるレーキを動かしたらボールがバンカーに入ってしまった:0打罰

バンカーの脇にあるレーキ(バンカーをならす道具)を動かしたら、ボールがバンカーに入ってしまったことありませんか?

こんな時は、元あったところにボールを置いてプレーを続けてください。ペナルティはありません☝

レーキは「動かしてもOK」なので、バンカーの内でも外でもジャマな時は、動かしてもペナルティはありません

5.ショットを打つ時ジャマになりそうなので、バンカー内にある落ち葉を取り除いた:2打罰

バンカーショットを打つ時に、木の葉や小枝などジャマになりそうなので取り除いてしまうことがあります。

フェアウェイやグリーンの時は問題ないのですが、バンカー内では2打罰❎のペナルティとなります☝

バンカーだけでなく池などのハザード内では、木の葉などの自然の物は、触ったり動かしたりするとペナルティになります🆖

逆に、ハザード内でもバンカーレーキやタバコの箱などは、触ってもペナルティにはなりません🆗

木の葉はNG、右にあるスコアカードはOK

※ハザード内で動かしていいもの・いけないもの

ハザード内で動かしていけないもの:小枝、木の葉、砂利、小石、虫、動物のフンなど

(これら自然のものをゴルフ用語で「ルースインペディメント」と言います。)

ハザード内で動かしていいもの  :バンカーレーキ、タバコの箱、吸い殻、スコアカード、鉛筆など

すべて覚えなくていいので、バンカーでジャマになるものがあったら、ルールが詳しい同伴者に確認するといいでしょう。

以上、バンカー編でした。

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket