みなさん 🙂   こんにちは🕐

今回は先日行ったラウンドレッスンの模様ですヽ(´ー`)ノとにかく風が、、スゴかった(T_T)

今回のお客様は、「大曽根さん」☆彡 😛

 ※朝一のティーショットもだいぶ板についてきましたね 😛

大曽根さんの課題は、「フェアウェイバンカー」「アプローチの距離感」🎶でした。

まず、フェアウェイバンカーもグリーン近くのバンカーも「脱出が1番」です💪脱出できないと大叩きしてしまいます 😥

脱出ができるようになったら、次のステージです🌟大曽根さんも脱出はクリアです🌠 ※多少アゴが高くてもなんのその

フェアウェイバンカーは、グリーンの近くのバンカーと違って「カップに寄せる」という場面は少ないです。

なるべく「グリーンに近づける」「距離を稼ぎたい」ですね💫

そうすると、グリーン近くのバンカーと違って「ダフる」のではなく「トップ」するのが望ましい 😀

よく「フェアウェイバンカーはクリーンに打て!!」とありますが、「トップ」でいいのです。クリーンに打とうとすると、逆に難しく感じてしまいます。「クリーン」はあくまで理想、アゴが前方になければ「トップ」で合格です 😆

「トップ」するには、アドレスで前傾を浅くするか、クラブを短く持つと良いですね(^o^)

または、アドレスでボールの中心(地球にたとえると赤道)に、クラブヘッドの刃の部分(リーディングエッジ)を合わせてスイングすると、「トップする」、「クリーンに打てる」確率は高くなります。

さてさて次は、アプローチの距離感です。たくさんの方が悩むところでもありますね 😥

1番大切なことは、✨「打つ前に必ずイメージする」✨ことです。これをしないと毎回運まかせになります(^_^;)

アプローチのイメージの仕方ですが、「下手投げでボールを放るように」とかありますが、ひとそれぞれで自分がイメージしやすいものが1番ですね。

それともう1つ大切なのが、🏆「このイメージが残ったまま打つ」🏆ことです。

せっかく「打つ前にイメージ」したのに、アドレスあれやこれやと考えているうちに「そのイメージ」が消えてしまうことがあります。みなさんご注意を

それとオススメなのが、「ユーティリティーのアプローチです」🎶

冬の芝は夏にくらべると弱く👀、花道でも「ザックリ」「チャックリ」する場面が多くなります(泣)

花道はもちろんですが、短いラフでもユーティリティーのアプローチは効果バツグンです👑

大曽根さんも手応えをつかんだようです 😆 次のラウンド楽しみですね(^o^)

 

ではでは、大変お疲れさまでしたm(_ _)m

 

LINEで送る
Pocket