みなさん  こんにちは(^^)

今回は、「ゴルフスイングのせつめい」シリーズです📖

その2『バックスイング編』に続いて、専門用語をまじえながら『トップ編』をお伝えしていきます🎊

この記事は、約5分で読み終えることができます。

上半身と下半身が拮抗している状態『トップ』

ゴルフスイングは、バックスイングでパワーを溜めて、ダウンスイングでボールに向かってクラブを下ろしていきます😄

この「バックスイングからダウンスイングに切り替わる瞬間」を『トップ』と言います☝

1番パワーがたまった状態!?

また「静止している」ように見えますが、実際は止まっていません💫

バックスイングでねじった上半身とダウンスイングへ動き出す下半身が拮抗して(引っ張り合う動き)、

止まっているようにみえるだけです👀

上半身と下半身が最も拮抗しているので、1番パワーがたまった状態です💪

トップであれこれはできない!?

アドレスとバックスイングで、スイングの8割が決まってしまうので、

トップが悪いからといってトップの形だけを直すのは良くありません🆖

逆に言えば、アドレスとバックスイングが悪いからトップの形が悪いのです💡

直すのであれば、アドレスからバックスイングを見直すのが1番良いと思います🆗

注意したいトップの形

1.クラブフェースが開いている

一般ゴルファーに多いのがこのクラブフェースが開いている状態です💦

右利きの場合、トップで左手の手首が甲側に折れてしまっていることをいいます🚫

さらに言うと、左手の甲・クラブフェースが飛球線から右90度に向いてしまっている状態です🆖(クラブシャフトが水平の時)

左手の甲・クラブフェースが飛球線から右90°に向いている

これでは完全にクラブフェースが開いていますので、

インパクトでフェースを大げさに閉じないと上手くいきません😅(これは相当難しいことです)

これは、「アドレスでつま先に体重が乗りすぎ」「肩・腕だけでクラブをあげてしまっている」などの原因があります👀

正しいトップは、「左手の甲が左腕と同じ角度」または「左手の甲が少し上を向く」のがいいと思います☝

2.オーバースイング

これも一般ゴルファーに多いトップの形と言えます。

ゴルフクラブのシャフトが地面に水平ならば、「理想的なトップの形」ですが、

これよりもクラブヘッドが下に垂れ下がっている状態のことをいいます🌀

アイアンでオーバースイングはいけません。

アイアンはオーバースイングではないけど、ドライバーになるとオーバースイングになる方が結構多く見られます😵

この原因は、「飛距離を出そうとしている」「手と体が同調していない」などがあげられます👀

ほとんどの方が、自分がここだなと思うトップの位置よりも大きくなっているので、「あまり大きく上げない」で改善されると思います💡

3.リバースピボット

「リバースピボット」とは、(右利きの場合)バックスイングからトップまで左足に体重が残って、

ダウンスイングでは右足に残ってしまう状態です🔎

スイングで体重移動が全く逆になってしまうことです😅

バックスイングで左足に乗ってしまう現象です。

これも、一般ゴルファーには大変多いトップの形ですね。

リバースピボットの原因は、「ウィークグリップでクラブを握る」、

「バックスイングでインサイドに引きすぎ」「腕だけでクラブを上げる」などがあげられます👀

修正するには時間がかかりますが、

まずは「バックスイングで右に、ダウンスイングで左に体重を乗せる」ことから始めるのがいいと思います🆗

バックスイングの大きさでトップの位置は変わる!?

クラブが平行にあるとは限らない!?

ゴルフスイングで「トップ」と聞かれると、クラブシャフトが地面と平行と思うかもしれません💦

しかし、トップはこれだけではありません。

ハーフスイングなどクラブが地面に垂直の状態でも、ここからダウンスイングに切り替わるのでトップになります💡

3種類のトップの形

このようにバックスイングの大きさが変わると、当然トップの位置も変わります👀

ハーフスイング

その名の通り、1/2半分のスイングです。

(右利きの場合)バックスイングで左腕が地面と平行、左右対称でフォローでも右腕が地面と平行になります☝

スリークォータースイング

これも英語で3/4という意味で、フルスイングの「3/4の大きさ」ということです👀

(右利きの場合)バックスイングで手元が右肩付近、フォローでは手元が左肩付近になります☝

プロゴルファーは、アイアンショットはほとんど「スリークォーター」ですね😄

フルスイング

これはみなさんご存知のゴルフスイングです。

理想は、クラブシャフトが地面と平行ですが、上半身と下半身が捻転していれば平行でなくても飛距離は出ます👀

でもやはり、クラブシャフトが水平がいいですかね(^_^;)

埼玉のゴルフスクールImpact (インパクト)で美しいスイングを!!

ゴルフスイングだけではない!?

いかがでしたか!?!?「トップ編」お伝えしてきました。

埼玉のゴルフスクールImpact(インパクト)は、初心者でも安心・少人数制のゴルフレッスンで、

お客様それぞれの身体に合った正しいゴルフスイングを提供していきます。

また、スイングだけでなく、ゴルフの専門用語やスコアメイクに必要なコースマネジメントなども提供致します。

埼玉のゴルフスクールImpact 川口・草加校

埼玉でゴルフレッスンをご希望の方は、こちらへどうぞ。

ゴルフスクールImpact(インパクト)HP「無料体験レッスン」

埼玉県川口市周辺、さいたま市・浦和近辺、東京近郊の方Impact(インパクト)へ!!

埼玉のゴルフスクールImpact(インパクト)は、都内近郊またはさいたま市・浦和近辺の方、「さいたま・浦和校」、

川口市・草加市・越谷市近辺の方、「川口・草加校」へどうぞお越し下さいませ。

 

『ダウンスイング編』に続く。

では、(^_^)/~

LINEで送る
Pocket