みなさん  こんにちは(^^)
今回は、過去の投稿「流れを考える」の続編です。
悪い流れを断ち切りたい時に「流れを変えるつのコツ」をお伝えしていきます。
この記事は、約5分で読み終えることができます。

流れは「運」ではなく、「実力」である。

1番ホールのティショットでOB、続く2番3番でも連続でOB
「4番ホールでも、、、」誰もが悪い結果を頭に描いてしまうことでしょう。

悪い流れは誰もが何とかしたいもの

しかしOBが続いたとしても、その後はホールアウトするまで1回も打たない方もいますし、
ナイスショットが続いていたにもかかわらず、突如OBを連発する場合もあります。

調子が良い悪い、どちらも自分の実力

こんな時「流れが良い」または「流れが悪い」とか言いますが、これはどちらも「自分の実力」なのです。
ドライバーの調子が良い時もあれば、アイアンの調子が悪い時もあり、
ドライバー・アイアンが調子が悪くても、パターの調子がよくスコアが良い時もあります。

調子の良し悪しは、波があって「運的なもの」と思いがちですが、そうではありません。
どちらも「自分の実力」であり、実力には幅がある(ベスト~ワースト)ということでしょう。
調子が良い時は、自分の実力のベストの方であり、悪い時はワーストの方という感じですね。

ですから、スタートホールから3連続OBでも、「悪い流れ(ワースト)がら始まった」だけで、
きっかけ(コツ)さえつかめば、良い流れ(ベスト)にすることができるのです。

さて、そのコツとは一体どういうことなのでしょうか?

流れを変える3つのコツ

1.耐える

この言葉通り「耐える」ので、主に悪い流れの時にすることです。
OBがでても、大事なパットを外してもこれ以上「スコアを落とさない」「精神状態を悪くしない」ためのものです。

プロでも選手によってそれぞれですが、何があっても「表情を一切変えない」で淡々とプレーをするのは、まさにこのことですね。
逆に「あえて怒りを表に出して」その怒りをすぐに忘れ、その場を「耐える」選手もいらっしゃいます。

この「耐える」は、悪い流れを断ち切ったり、これ以上悪い流れにならないように現状維持に徹したりする時のものですね。
いずれにしても、自分の性格にあった耐え方をして、プレーをするのが一番良いということですね。

2.集中する

良い流れの時は当たり前のように行っていますが、悪い流れの時は気が散漫になっています。
同伴者やギャラリーなどのちょっとした物音や小声でも、気になって仕方がない状態のことですよね。

よく集中しようとして視野を狭くしてしまい、かえって力が入りすぎてしまう人を多く見かけます。
「集中する」というのは、肩肘張ってボールを凝視するのではなく、リラックスした状態でなんとなく見る感じがよいでしょう。
(人によって感覚の違いがあるので、一概には言えませんが、、、)

さらに砕けて言うと、気が散漫しているのは「自分の外面」に気がいっている状態です。
反対に集中しようとして(気合が入りすぎて)「自分の内面」だけ気がいっているのもよくありません。
「集中する」というのは、この外面と内面がちょうど均一な状態のことを言います。

そのためには、同伴者やキャディなどと会話したり、同伴者のプレーをよく見たりするのも良いことでしょう。
また、深呼吸やまじないの動作・言葉など、「集中する」のに自分に合ったものを行うと良いでしょう。

 3.しっかりと決める

これは、今回すべき3つのことで1番大事なことです。
これにはレベル関係なく「自分が当たり前にできること」をしっかりとこなす(決める)ことです。
初心者や初級者など関係ないと思っている方?大間違いです。
30センチや5センチでもパターで確実に入る距離は誰にでもあります。
これを確実に決めることが、流れを自分のものにするためのコツ(秘訣)となるでしょう。
パターだけでなく、自分の得意の距離のアプローチや自分の好きなアイアンでも結構です。
また好きなホールや好きなコースなど、「自分ができる」と思ったことを「しっかりと決める」ことが大事なことです。
こうすることで自信も生まれて、集中力も高まり流れも自分のものに引き寄せることができるでしょう。

難しいことをせずできることから

ゴルフはミスをするスポーツなので、難しいことをして落ち込む(考える)よりも、
当たり前のことをして自信をつける(良い経験を重ねる)ことの方がはるかに大事なことです。
コースだけでなく普段行う練習場でも、難しいことではなく簡単なことから確実に自分のものにして下さい。
焦らずに少しずつ自分のものにしていく(自信をつける)ことが、上達のカギとなります。
では、(^_^)/~

 

LINEで送る
Pocket